水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津 岐阜県海津市

海津市 事業者向け案内 » 農業委員会 ≫ 海津市農業委員会について

海津市

MENU

ライフイベントでさがす

目的でさがす

子育て
育児支援 / 青少年育成 / 妊娠と出生 / 子育てカレンダー / 小学校・中学校 / 母と子の健康 / 保育園・幼稚園・認定こども園
福祉・健康
生活の援護 / 社会福祉 / 福祉施設 / 障がい者福祉 / 高齢者 / 健康・検診 / 母子・父子家庭 / 人権・同和問題 / 介護
税・保険・戸籍
証明書時間外予約サービス / 軽自動車税 / 個人市民税・住民税 / 固定資産税 / 国民健康保険 / 国民年金 / 後期高齢者医療制度 / 法人市民税 / 住民票・印鑑登録証明
暮らし
環境 / 相談 / 公園 / 上水道 / 下水道 / 交通 / 住居
学ぶ・楽しむ
スポーツ / 講座 / 図書館 / 文化施設 / 歴史・文化 / 海津市教育委員会 / 体育施設
安心・安全
生活安全 / 防災 / 救急医療 / 水防 / 消防 / 交通安全
まちづくり
まちづくり計画 / 男女共同参画 / 国内・国際交流 / 市民協働 / 市民広場
市政
パブリックコメント(市民意見提出) / マイナンバー(社会保障・税番号)制度 / 監査委員 / 職員情報 / 選挙 / 計画・施策 / 財政 / 個人情報保護 / 各課お問い合わせ / 市報かいづ / 市役所案内 / 情報公開

閉じる

農業委員会

海津市農業委員会について

農業委員会は、「農業生産力の増進及び農業経営の合理化を図るため」(農業委員会等に関する法律第1条)、農地移動に関する許認可、農地等の利用の最適化に関する事務を行う等、農業者を代表する機関として設置されている行政委員会です。
農業委員会は農業委員から構成され、市から独立した機関として運営されています。

委員の定数

35名

委員の任期

3年(H29.7.20~H32.7.19)

主な業務

独立した行政機関として、農地法・農業経営基盤強化促進法等関係法令に基づき、農地の売買・貸借や転用等の申請に対し、厳正、中立、公平な立場で審査等を行っています。

  • 一筆ごとの農地の権利移動についての審議
    ※農地を耕作目的で売買したり、農地に賃借権等の権利を設定したい場合は、農地法の定めにより、あらかじめ農業委員会に許可申請を行う必要があります。その申請内容を審議し、最終的に許可、不許可の決定をします。
  • 農地転用に係る岐阜県知事許可に際しての現地確認及び意見書の添付
    ※農地転用は許可制です。転用する前に許可を得る必要があります。農地転用申請について海津市農業委員会に許可権限はありませんが、その案件につき許可相当か否か審議を行い、その結果を意見として付し岐阜県知事へ進達(書類の取り次ぎ)します。
  • 農地の権利移動を内容とする農用地利用集積計画の策定に当たっての決定
  • 市の農業振興地域整備計画の策定に当たっての意見
  • 農用地利用配分計画案に対する意見

総会の傍聴

総会は一般に公開されています。会議室入り口にある「傍聴者受付名簿」に記入するだけで傍聴できます。
傍聴の際は、写真撮影、録音はしないでください。
議長の指示に従わない場合は退場を求めることがあります。

議事録の閲覧

総会の議事録は、閉会した日から1箇月以内に1週間以上の縦覧期間を定めますので、その期間中に農業委員会事務局にて閲覧することができます。
(詳しくは市役所の掲示板に公告します。)
この期間外において閲覧したい場合は、市の情報公開条例による請求によります。

農業委員会事務局

農業委員会には、実際の事務に従事する職員からなる事務局が設置されています。
農業委員会事務局は、海津市役所東館の2階にあります。
事務局職員は会長の指揮を受けて事務に従事します。

  • 業務内容
    許可申請書・届出書の受理、総会等の準備・運営、調査、資料収集など

 

お問い合わせ先

農業委員会事務局
(海津市役所 東館)

0584-53-1398お問い合わせはこちら