水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津 岐阜県海津市

海津市 くらしのガイド » まちづくり » 市民協働 » NPO法人 ≫ NPO法人の認証手続について

海津市

MENU

ライフイベントでさがす

目的でさがす

子育て
育児支援 / 青少年育成 / 妊娠と出生 / 子育てカレンダー / 小学校・中学校 / 母と子の健康 / 保育園・幼稚園・認定こども園
福祉・健康
生活の援護 / 社会福祉 / 福祉施設 / 障がい者福祉 / 高齢者 / 健康・検診 / 母子・父子家庭 / 人権・同和問題 / 介護
税・保険・戸籍
証明書時間外予約サービス / 軽自動車税 / 個人市民税・住民税 / 固定資産税 / 国民健康保険 / 国民年金 / 後期高齢者医療制度 / 法人市民税 / 住民票・印鑑登録証明
暮らし
環境 / 相談 / 公園 / 上水道 / 下水道 / 交通 / 住居
学ぶ・楽しむ
スポーツ / 講座 / 図書館 / 文化施設 / 歴史・文化 / 海津市教育委員会 / 体育施設
安心・安全
生活安全 / 防災 / 救急医療 / 水防 / 消防 / 交通安全
まちづくり
まちづくり計画 / 男女共同参画 / 国内・国際交流 / 市民協働 / 市民広場
市政
パブリックコメント(市民意見提出) / マイナンバー(社会保障・税番号)制度 / 監査委員 / 職員情報 / 選挙 / 計画・施策 / 財政 / 個人情報保護 / 各課お問い合わせ / 市報かいづ / 市役所案内 / 情報公開

閉じる

NPO法人

NPO法人の認証手続について

NPO法人の設立には、所轄庁の認証が必要です。

 岐阜県内にのみ事務所を設ける法人は、岐阜県知事が所轄庁となり、複数の都道府県に事務所を設ける法人の場合は内閣総理大臣が所轄庁となります。
 認証の申請は、定款、設立趣旨書、事業計画書、収支予算書など法に定められた書類を添付した申請書を所轄庁に提出しなければなりません。
 所轄庁は、これを受けて、法で定められた要件を満たしていれば、申請書の受理後4ヶ月以内に設立を認証しなければなりません。なお不認証の決定をしたときは、理由を付した書面により通知されます。 

法人設立までの主な流れは、次のとおりです。

(1)設立総会
 団体の所属者全員で活動の形態・目的を議論し、一定の方向性を決定します。NPO法人の設立が決定したら「設立総会」を開催し、正式に設立の意思決定をします。
(2)申請手続相談
 認証申請書類を作成して、所轄庁の担当部署に相談します。申請書の修正箇所などの指導を受けます。
(3)認証申請
 整えた申請書を提出します。
(4)公告・縦覧
 申請書類が公告されます。縦覧期間は2ヶ月間です。
(5)審査
 2ヶ月以内の期間に認証の審査をします。
(6)決定
 認証、不認証の決定をし、通知します。
(7)登記
 認証決定通知が到着してから2週間以内に法務局へ法人設立の登記をします。
(8)登記完了届の提出
 登記完了後、所轄庁に登記完了届等の書類を提出します。

法人化したら

(1)毎事業年度初めの3月以内に、事業報告書や役員名簿などを作成し、主たる事務所に備え置くとともに、社員その他の利害関係人から請求があれば、正当な理由がある場合を除いて、閲覧させなければなりません。
(2)毎事業年度1回、事業報告書や役員名簿、変更のあった定款など所轄庁に提出しなければなりません。

なお、NPO活動についてのお問い合わせは次のところへ

●NPO法人の設立に関するご相談など
 海津市役所 市民環境部 市民活動推進課 電話 53-3194

●NPO法人の認証手続に関すること
 岐阜県庁 環境生活政策課 電話 058-272-1111(内線2387)

お問い合わせ先

市民活動推進課
(海津市役所 西館)

0584-53-3194お問い合わせはこちら