水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津 岐阜県海津市

海津市 くらしのガイド » まちづくり » 男女共同参画 ≫ 平成27年度女(ひと)と男(ひと)のはぁもにぃフォーラムを開催しました!

海津市

MENU

ライフイベントでさがす

目的でさがす

子育て
育児支援 / 青少年育成 / 妊娠と出生 / 子育てカレンダー / 小学校・中学校 / 母と子の健康 / 保育園・幼稚園・認定こども園
福祉・健康
生活の援護 / 社会福祉 / 福祉施設 / 障がい者福祉 / 高齢者 / 健康・検診 / 母子・父子家庭 / 人権・同和問題 / 介護
税・保険・戸籍
証明書時間外予約サービス / 軽自動車税 / 個人市民税・住民税 / 固定資産税 / 国民健康保険 / 国民年金 / 後期高齢者医療制度 / 法人市民税 / 住民票・印鑑登録証明
暮らし
環境 / 相談 / 公園 / 上水道 / 下水道 / 交通 / 住居
学ぶ・楽しむ
スポーツ / 講座 / 図書館 / 文化施設 / 歴史・文化 / 海津市教育委員会 / 体育施設
安心・安全
生活安全 / 防災 / 救急医療 / 水防 / 消防 / 交通安全
まちづくり
まちづくり計画 / 男女共同参画 / 国内・国際交流 / 市民協働 / 市民広場
市政
パブリックコメント(市民意見提出) / マイナンバー(社会保障・税番号)制度 / 監査委員 / 職員情報 / 選挙 / 計画・施策 / 財政 / 個人情報保護 / 各課お問い合わせ / 市報かいづ / 市役所案内 / 情報公開

閉じる

男女共同参画

平成27年度女(ひと)と男(ひと)のはぁもにぃフォーラムを開催しました!

 海津市では、男女が互いに尊重し合い、あらゆる場面・分野において個々の個性が十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現を目指して海津市男女共同参画プラン(現在:第2次海津市男女共同参画プラン)に準じて様々施策を推進しています。
  この度、広く男女共同参画思想について啓発することを目的に9月5日(土)に平成27年度海津市男女共同参画推進事業の一環として「女(ひと)と男(ひと)のはぁもにぃフォーラム」を開催しました。                                                                    講師には、内閣府少子化危機突破タスクフォース政策推進チームリーダーの渥美由喜(あつみなおき)氏をお招きし、「男性にとってのワーク・ライフ・バランス~イクメンが家族を地域を元気にする~」と題した講演をおこないました。                                        約300人の聴衆の前で渥美氏は、「男女共同参画を実現するには、男性のワーク・ライフ・バランスの実現が必要である。ワーク・ライフ・バランスを実現することで男性自身のライフ(人生・生活)にメリハリが生まれ、仕事、家庭をはじめとして様々な場面において良い波及効果がある。」ことや「現在、イクメン(育児をする男性)が注目されているが、新たにイキメン(地域に目を掛ける男性)の存在も必要だと思う。現在の日本は、家庭の形態が昔と比べ多様化しており、様々な状況の家庭が存在する。イキメンがいることで、地域で誰かが見守ってくれているという安心感が生まれ、地域にぬくもりが育つことにより地域に活気が生まれ新たな繋がりが生まれる。」などと訴えかけました。

 

秘書広報②.JPG
●講演会内容
【日時】     平成27年9月5日(土)  午後1時30分~ (受付:午後1時~) 
【場所】     文化センター 大ホール (岐阜県海津市海津町高須585-1)
【演題】     「男性にとってのワーク・ライフ・バランス」 
          ~イクメンが家族を地域を元気にする~
【講師】     渥美 由喜  (あつみ なおき) 氏 
          内閣府少子化危機突破タスクフォース政策推進チームリーダー 
          厚生労働省政策に関する有識者会議 委員
         (民間シンクタンク 研究部長)
【参加人数】  305人 
  

お問い合わせ先

市民活動推進課
(海津市役所 西館)

0584-53-3194お問い合わせはこちら