水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津 岐阜県海津市

海津市 くらしのガイド » 市政 » 計画・施策 » 総合計画 ≫ 海津市第2次総合計画について

海津市

MENU

ライフイベントでさがす

目的でさがす

子育て
育児支援 / 青少年育成 / 妊娠と出生 / 子育てカレンダー / 小学校・中学校 / 母と子の健康 / 保育園・幼稚園・認定こども園
福祉・健康
生活の援護 / 社会福祉 / 福祉施設 / 障がい者福祉 / 高齢者 / 健康・検診 / 母子・父子家庭 / 人権・同和問題 / 介護
税・保険・戸籍
証明書時間外予約サービス / 軽自動車税 / 個人市民税・住民税 / 固定資産税 / 国民健康保険 / 国民年金 / 後期高齢者医療制度 / 法人市民税 / 住民票・印鑑登録証明
暮らし
環境 / 相談 / 公園 / 上水道 / 下水道 / 交通 / 住居
学ぶ・楽しむ
スポーツ / 講座 / 図書館 / 文化施設 / 歴史・文化 / 海津市教育委員会 / 体育施設
安心・安全
生活安全 / 防災 / 救急医療 / 水防 / 消防 / 交通安全
まちづくり
まちづくり計画 / 男女共同参画 / 国内・国際交流 / 市民協働 / 市民広場
市政
パブリックコメント(市民意見提出) / マイナンバー(社会保障・税番号)制度 / 監査委員 / 職員情報 / 選挙 / 計画・施策 / 財政 / 個人情報保護 / 各課お問い合わせ / 市報かいづ / 市役所案内 / 情報公開

閉じる

総合計画

海津市第2次総合計画について

1.概要

 総合計画は、本市のあるべき姿と進むべき方向を明らかにし、望ましい将来のまちづくりを実現するため、総合的かつ計画的な市政運営を図るための計画であり、国土強靭化地域計画とともにまちづくりの最上位計画となるものです。
 地方自治法の改正により総合計画(基本構想)策定の義務はなくなりましたが、総合計画がまちづくりの総合的な方針の役割を果たすことから、条例を定め、第2次の総合計画を策定することとなりました。

2.名称

 この計画の名称は、「海津市第2次総合計画」とします。

3.構成

 この計画は、「基本構想」、「基本計画」、「実施計画」により構成します。

 (1)基本構想
 基本構想は、長期的な展望に立ち、目指すべき将来の市の姿及びそのための施策の大綱を定めるものです。計画期間は、平成29年度を初年度とし、平成38年度を目標年度とする10年間です。

 (2)基本計画
 基本計画は、基本構想で示す施策の大綱に基づき、その実現に向け、基本となる施策とその目標を定めるものです。計画期間(前期計画)は、平成29年度から平成33年度までの5年間とします。

 (3)実施計画
 実施計画は、基本計画で定めた施策に基づき、財政的措置を含めて計画するものであり、実施する事業を定めるものです。計画期間は3年間とし、各年度における事業の進捗状況や、財政事情等を勘案しながら、毎年度ローリング方式で見直します。

4.進行管理

 行政評価システムによる総合計画のマネジメントを行い、少ないコストで、より高い成果が上げられるよう「施策」と「事務事業」の改善を進めていきます。
 また、市民へ総合計画の進行状況について明らかにしていきます。

5.条例 

 海津市総合計画策定条例

6.将来像

 「水と緑と人がきらめく 輪でつながるまち 海津」

 人々が水と緑といった美しく潤いのある自然環境の中で安心して働き、今まで築き上げてきた教育、歴史、文化のもとで次の時代を担う子どもたちを安心して育てるとともに、産業振興による地域の活性化を図り、全ての人々が手を取り合い取り組む(輪でつながる)まちづくりを目指すため、新たな将来像を、「水と緑と人がきらめく 輪でつながるまち 海津」とします。

 

 海津市第2次総合計画(基本構想・基本計画)
 ○表紙
 ・はじめに
 ・目次
 ○第1部 総論
 ○第2部 基本構想
 ○第3部 基本計画
 ・基本目標1
 ・基本目標2
 ・基本目標3
 ・基本目標4
 ・基本目標5
 ○資料編
 ○裏表紙

 海津市第2次総合計画(実施計画)
 海津市第2次総合計画(概要版)

 

 

 

お問い合わせ先

企画財政課
(海津市役所 東館)

0584-53-1113お問い合わせはこちら