水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津 岐阜県海津市

海津市 くらしのガイド » 学ぶ・楽しむ » 図書館 日本現代紙碑文学館

海津市

MENU

ライフイベントでさがす

目的でさがす

子育て
育児支援 / 青少年育成 / 妊娠と出生 / 子育てカレンダー / 小学校・中学校 / 母と子の健康 / 保育園・幼稚園・認定こども園
福祉・健康
生活の援護 / 社会福祉 / 福祉施設 / 障がい者福祉 / 高齢者 / 健康・検診 / 母子・父子家庭 / 人権・同和問題 / 介護
税・保険・戸籍
証明書時間外予約サービス / 軽自動車税 / 個人市民税・住民税 / 固定資産税 / 国民健康保険 / 国民年金 / 後期高齢者医療制度 / 法人市民税 / 住民票・印鑑登録証明
暮らし
環境 / 相談 / 公園 / 上水道 / 下水道 / 交通 / 住居
学ぶ・楽しむ
スポーツ / 講座 / 図書館 / 文化施設 / 歴史・文化 / 海津市教育委員会 / 体育施設
安心・安全
生活安全 / 防災 / 救急医療 / 水防 / 消防 / 交通安全
まちづくり
まちづくり計画 / 男女共同参画 / 国内・国際交流 / 市民協働 / 市民広場
市政
パブリックコメント(市民意見提出) / マイナンバー(社会保障・税番号)制度 / 監査委員 / 職員情報 / 選挙 / 計画・施策 / 財政 / 個人情報保護 / 各課お問い合わせ / 市報かいづ / 市役所案内 / 情報公開

閉じる

図書館

日本現代紙碑文学館

文学館設立

 「時代の波に乗りジャーナリストにもてはやされる作品のみが、文学作品として価値があるというものではあるまい 。いわゆる無名作家によるひたむきな作品も、文学史における貴重な文化遺産と言えるのではなかろうか。その文学的価値・歴史的な価値については後世に委ね るとしても、作品の散逸を防ぎ保存することに意義がある。」とした趣旨のもと、昭和51年4月に文学館は設立され開館しました。

 文学館設立の背景には、海津町出身の作家長谷川敬氏の尽力により、また基本となった蔵書1万5千冊は、文芸評論家小松伸六氏の寄贈により、今日の文学館の基礎が形作られました。

 文学館の建物については、海津市が旧庁舎を全面的に改装して、快くこれを提供されました。現在の文学館は新設された海津図書館の一郭にあります。

文学館入口
文学館入り口

 

文学館の内容

文学館の入口の扁額
文学館の入口の扁額

 この文学館は、いわば無名作家の図書館です。無名作家の作品を館名のごとく「紙碑」として、いつまでも保存し展示しようとするものです。現在、文学館の 蔵書冊数は約3万5千冊を超え、今でも全国的文学同人や文藝春秋社からの寄贈もあって、蔵書は増加の一途をたどっています。

 内容的にみ ると、小説の同人誌が最も多く、次いで俳句・短歌・詩・文芸評論・自費出版物(小説・俳句・短歌等)の順です。また、それらを合わせた総合誌的な性格を もったものもかなり多くあります。寄贈される地域は、全国の都道府県にわたります。体裁は、手刷りの謄写印刷のものから商業出版物と変わらないものまで、 多種多様です。

 館内の展示ケースには、加賀乙彦、吉村昭、津村節子、河野多恵子、豊田穣といった作家たちの初期の作品を掲載した同人誌を展示しており、文学館の入り口には、今東光氏の書による扁額を掲げております。

 

お問い合わせ先

海津図書館
(TEL)

0584-53-1515お問い合わせはこちら