水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津 岐阜県海津市

海津市 くらしのガイド » 暮らし » 住居 ≫ 犬の管理

海津市

MENU

ライフイベントでさがす

目的でさがす

子育て
育児支援 / 青少年育成 / 妊娠と出生 / 子育てカレンダー / 小学校・中学校 / 母と子の健康 / 保育園・幼稚園・認定こども園
福祉・健康
生活の援護 / 社会福祉 / 福祉施設 / 障がい者福祉 / 高齢者 / 健康・検診 / 母子・父子家庭 / 人権・同和問題 / 介護
税・保険・戸籍
証明書時間外予約サービス / 軽自動車税 / 個人市民税・住民税 / 固定資産税 / 国民健康保険 / 国民年金 / 後期高齢者医療制度 / 法人市民税 / 住民票・印鑑登録証明
暮らし
環境 / 相談 / 公園 / 上水道 / 下水道 / 交通 / 住居
学ぶ・楽しむ
スポーツ / 講座 / 図書館 / 文化施設 / 歴史・文化 / 海津市教育委員会 / 体育施設
安心・安全
生活安全 / 防災 / 救急医療 / 水防 / 消防 / 交通安全
まちづくり
まちづくり計画 / 男女共同参画 / 国内・国際交流 / 市民協働 / 市民広場
市政
パブリックコメント(市民意見提出) / マイナンバー(社会保障・税番号)制度 / 監査委員 / 職員情報 / 選挙 / 計画・施策 / 財政 / 個人情報保護 / 各課お問い合わせ / 市報かいづ / 市役所案内 / 情報公開

閉じる

住居

犬の管理

犬の登録

 狂犬病予防法により、生後91日以上の犬は、住んでいる市町村に登録しなければなりません。登録手続きは環境課で行ってください。(印鑑は不要です)なるべく事前に狂犬病予防注射を済ませてからお越しください。登録の際には、登録手数料がかかります。
 岐阜県獣医師会に所属する獣医師(動物病院)であれば、注射だけでなく登録手続きもできます。この場合あらためて市役所へお越しいただく必要はありません。
 登録後、犬の鑑札をお渡ししますので必ず犬に着けていただきますようお願いします。

登録手数料 1頭につき3,000円(初回登録時のみ)

狂犬病の予防

 狂犬病は発症すると治療法のない感染症です。犬だけでなく人にも感染します。
 近年、日本では人の発症例はありませんが、世界では毎年5万人以上が亡くなっています。諸外国との交流が盛んな現代、今後も日本に狂犬病が入ってこない保障はどこにもありません。大事なペットのみならず自分自身や家族のためにも狂犬病予防注射を接種させましょう。治療法のない病気だからこそ予防が大切です。また、狂犬病予防法により、飼い主は毎年1回飼い犬に狂犬病予防注射を接種させることが義務づけられており、接種させない場合は罰則が科せられることがあります。
 狂犬病予防注射は動物病院のほか、市が実施する集合注射でも接種することができます。集合注射では、毎年一定期間、獣医師とともに市内各所をまわり、狂犬病予防注射が接種できる会場を設けていますので、ぜひご利用ください。(詳しい日程はくらしのカレンダーや市報をご確認ください。)

 獣医師会未所属の獣医師や県外で接種した場合は、海津市にご報告いただくとともに注射済票の交付を受ける必要がありますので、獣医師から交付された注射済証を持って環境課で交付手続きを行ってください。交付の際は、注射済票交付手数料がかかります。

 注射済票は必ず犬に着けていただきますようお願いします。

注射済票交付手数料 1頭につき550円

※このほか注射代等が必要です。

犬の登録事項変更届(住所の変更、飼い主の変更、名前の変更など)

 飼い主や犬の住所変更をした、譲渡や売買などで飼い主が変わったなど、犬の登録内容に変更がある場合は環境課へ届出が必要です。(印鑑不要)

  • 犬が海津市に転入した場合は、前住所地の鑑札を持参して環境課で届出を行ってください。
  • 犬が市外へ転出した場合は、海津市の鑑札を持って転出先の市町村で届出を行ってください。

 ※飼い主が変わった場合は、新しい飼い主が届出を行う必要があります。

犬の死亡届

 犬が死亡した場合は、交付済みの鑑札、注射済票を持って環境課または平田支所、下多度支所、城山支所、石津支所へ速やかに届出をしてください。(印鑑不要)

飼い犬等避妊手術費補助金事業

 捨て犬・捨て猫の防止、野良犬・野良猫を増やさず、安全で快適な生活が営めることを目的としています。

1.交付対象

 以下の条件をすべて満たす飼い主

  1. 市内に住所があり、なおかつ市内に居住し飼い犬(猫)を飼養していること
  2. 犬の場合、市に登録していること
  3. 市税を滞納していないこと

2.補助金額

 補助金の交付額は次のとおりです。

 ただし、補助金の交付は、1世帯につき犬、猫それぞれ1頭ずつまでになります。

※過去に補助金交付を受けた犬や猫が亡くなった時は、飼育する別の犬や猫が新たに対象になり得ます。

避妊手術(雌) 犬1頭につき 5,000円
猫1匹につき 4,000円
去勢手術(雄) 犬1頭につき 4,000円
猫1匹につき 3,000円

3.補助金申請

申請書に必要事項を記入の上、添付書類とともに提出場所に提出してください。

申請書:飼い犬等避妊手術費補助金 関係様式

手術をした獣医師に証明をもらってください。(申請書に証明欄があります)

【添付書類】
 犬・・・手術費の領収書(原本)
 猫・・・手術費の領収書(原本)、飼い主の住所がわかる書類(例:運転免許証の写し)、手術を受けた猫の写真1枚(全身がわかるもの)

【申請期限】
 手術をした日から3か月以内

【提出場所】
 環境課もしくは支所

飼っている犬が逃げたとき・いなくなったとき

 飼っている犬が逃げたとき・いなくなったときは、下記3か所へお問い合わせください。
 なお、犬が鑑札を身に着けていますと、発見した時に鑑札番号をもとにすぐに飼い主さんへ連絡することができます。必ず犬に鑑札を着けてください。

連絡先 電話番号
海津市役所 環境課 0584-53-3195
西濃保健所(西濃総合庁舎内)  0584-73-1111(代表)
海津警察署(会計課) 0584-53-0110

 

お問い合わせ先

環境課
(海津市役所 西館)

0584-53-3195お問い合わせはこちら