水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津 岐阜県海津市

海津市 くらしのガイド » 暮らし » 公共施設 » 文化施設 歴史民俗資料館

海津市

MENU

ライフイベントでさがす

目的でさがす

子育て
育児支援 / 青少年育成 / 妊娠と出生 / 子育てカレンダー / 小学校・中学校 / 母と子の健康 / 保育園・幼稚園・認定こども園
福祉・健康
生活の援護 / 社会福祉 / 福祉施設 / 障がい者福祉 / 高齢者 / 健康・検診 / 母子・父子家庭 / 人権・同和問題 / 介護
税・保険・戸籍
証明書時間外予約サービス / 軽自動車税 / 個人市民税・住民税 / 固定資産税 / 国民健康保険 / 国民年金 / 後期高齢者医療制度 / 法人市民税 / 住民票・印鑑登録証明
暮らし
環境 / 相談 / 公園 / 上水道 / 下水道 / 交通 / 住居
学ぶ・楽しむ
スポーツ / 講座 / 図書館 / 文化施設 / 歴史・文化 / 海津市教育委員会 / 体育施設
安心・安全
生活安全 / 防災 / 救急医療 / 水防 / 消防 / 交通安全
まちづくり
まちづくり計画 / 男女共同参画 / 国内・国際交流 / 市民協働 / 市民広場
市政
パブリックコメント(市民意見提出) / マイナンバー(社会保障・税番号)制度 / 監査委員 / 職員情報 / 選挙 / 計画・施策 / 財政 / 個人情報保護 / 各課お問い合わせ / 市報かいづ / 市役所案内 / 情報公開

閉じる

文化施設

歴史民俗資料館

shiryokan.jpg

「貝塚と古墳」 「輪中と低地の農業」 「高須藩」を主要テーマに、海津市の歴史や文化を紹介する資料館です。

〒503-0646 岐阜県海津市海津町萱野205-1  MAP
 TEL 0584-53-3232 FAX 0584-53-3231

 

資料館からのお知らせ(催し物案内)  

*わくわく歴史探訪 参加者募集

  日時   平成29年12月2日(土) 午後1時~5時
  募集期間 11月9日(木)~    ※定員になり次第しめきります。
  テーマ  ~市内産出の河戸石の行方~名古屋城石垣
  見学先  田鶴神明神社、名古屋城
  定員   25人
  参加費  1,000円(名古屋城入城料含む)
  申込方法 歴史民俗資料館受付にある申込用紙またはこのページの最後にあるPDFファイルをダウンロードして、必要事項を記入してください。

*共同企画展

  内容   「拓本展Ⅲー高須藩歴代藩主墓」・・・歴代藩主の墓碑銘拓本を一堂に展示します。
  期間   平成29年12月5日(火)~24日(日)
  場所   海津市歴史民俗資料館 1階
  主催   かいづ風土紀の会・海津市歴史民俗資料館
  料金   歴史民俗資料館の入館料(大人310円 小中学生150円)が必要です。

*成人の日入館無料

  期間   平成30年1月6日(土)~8日(月・祝)
  対象   本年度新成人(平成9年4月2日~平成10年4月1日生まれの方)
       ~小学生の時、社会科「低地のくらし」で習ったことを思い出して、改めて20歳の視点で見直してみませんか?~

 

ーーー 詳しくは、歴史民俗資料館までお尋ねください ---

 

<利用のご案内>

開館時間 9:30 ~ 17:00(入館は16:30まで)

休館日 月曜日(月曜日が祝祭日の時はその翌日)年末年始(12月29日~1月3日まで)

入館料 一般310円・小中学生150円(団体30名以上 一般200円・小中学生100円)

貝塚と古墳

「海津の縄文時代」コーナーでは、岐阜県内で海津市内にしかない2つの貝塚遺跡庭田貝塚と羽沢貝塚について紹介しています。今では海に接していない岐阜県ですが、縄文時代には海が身近にあったことを示す貝殻や魚・動物の骨、人骨、土器などが出土して、当時の人々の暮らしを知ることができます。

 

輪中と低地の農業

ph_rekimin_wajyu.jpg第1展示室には、輪中のなりたちや工夫・河川改修の歴史・排水問題・新田開発の歴史・水防活動などについて詳しくわかりやすく学習できる内容になっています。
第2展示室には、輪中低地の当地域で行われた堀田農業のころの農具や民具が並び、現代の農業と比較しながら輪中の知恵や工夫を学ぶことができます。
4600分の1のスケールの大地形模型(高須輪中変遷劇場)は、初めは明治24年の地形を表していますが、ビデオの説明に従って現在の高須輪中が姿を表す仕組みになっています。明治の河川改修前後の対比や土地改良の様子などが一目で見てとれます。
 

 

高須藩ph_rekimin_takasu.jpg

尾張藩主徳川光友の次男松平義行は、元禄13年(1700)所領の半分を高須とその周辺に移され、以後明治維新まで13代続きました。
3万石の小藩ながら名門の誉れ高く、多くの名君を輩出しました。幕末に活躍した会津の松平容保・桑名の松平定敬などは高須藩の出身です。
当館の3階部分に、高須藩松平氏の御館の一部を復元してあります。御玄関から御書院の間にいたる主要部分に、能舞台(一般利用可能)と50畳の広間を加えたものです。
能舞台は一般の伝統芸能愛好者の方々にもお使いいただけます。

 

屋外ph_rekimin_okugai.jpg

海津地区は県内の輪中の中でも低位部に属し、最低位の地域は溜まり水(湛水)に苦しみました。
低湿地帯の農業生産を少しでも高めるために工夫されたのが“堀田”です。現在は土地改良事業により全く姿を消しましたが、資料館前庭に小さいながら復元し、実際に稲を栽培しています。
また、湛水排除のため明治36年(1903)海津町に初めて排水機場ができました。以後各所に設置された排水機のうちの1つが展示されています。別棟には明治中期の建造と推測される木造の大型樋門“金廻四間門樋”が復元保存されており、希望者は見学することができます。

 

能舞台ph_rekimin_nobutai.jpg

歴史民俗資料館3階に設けられている能舞台は、市内外を問わず日本の伝統芸能愛好者の方々に貸し出しをしており、概ね好評を頂いています。
ご希望の方は直接来館されるか、お電話でお尋ね下さい。

能舞台利用規定

日本伝統芸能の稽古・発表・鑑賞の場として使用できます。(使用規則遵守)

 

料金

 全日 10,490円( 9:30~17:00)
 午前   5,240円( 9:30~12:00)
 午後   7,340円(13:00~17:00)
※このほかに入館料(人数分)がかかります。
 

お問い合わせ先

歴史民俗資料館
(TEL)

0584-53-3232お問い合わせはこちら