水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津 岐阜県海津市

海津市 くらしのガイド » 暮らし » 下水道 下水道受益者負担金

海津市

MENU

ライフイベントでさがす

目的でさがす

子育て
育児支援 / 青少年育成 / 妊娠と出生 / 子育てカレンダー / 小学校・中学校 / 母と子の健康 / 保育園・幼稚園・認定こども園
福祉・健康
生活の援護 / 社会福祉 / 福祉施設 / 障がい者福祉 / 高齢者 / 健康・検診 / 母子・父子家庭 / 人権・同和問題 / 介護
税・保険・戸籍
証明書時間外予約サービス / 軽自動車税 / 個人市民税・住民税 / 固定資産税 / 国民健康保険 / 国民年金 / 後期高齢者医療制度 / 法人市民税 / 住民票・印鑑登録証明
暮らし
環境 / 相談 / 公園 / 上水道 / 下水道 / 交通 / 住居
学ぶ・楽しむ
スポーツ / 講座 / 図書館 / 文化施設 / 歴史・文化 / 海津市教育委員会 / 体育施設
安心・安全
生活安全 / 防災 / 救急医療 / 水防 / 消防 / 交通安全
まちづくり
まちづくり計画 / 男女共同参画 / 国内・国際交流 / 市民協働 / 市民広場
市政
パブリックコメント(市民意見提出) / マイナンバー(社会保障・税番号)制度 / 監査委員 / 職員情報 / 選挙 / 計画・施策 / 財政 / 個人情報保護 / 各課お問い合わせ / 市報かいづ / 市役所案内 / 情報公開

閉じる

下水道

下水道受益者負担金

受益者負担金とは

 下水道の施設は、道路や公園のように不特定多数の方が利用できる一般の公共施設と違って、整備された地域の方々しか利用することが出来ません。下水道が整備されることにより、その地域はトイレが水洗化され、し尿及びその他の生活雑排水(汚水)も衛生的に排除され、公共用水域の保全を図ることにより、生活環境は未整備地域に比べて利便性、快適性が向上し、土地の利用価値も向上します。
 そこで、下水道の建設にかかる経費を国の補助金、起債、市費だけで賄うと、下水道を利用できる地域の住民の方々と、下水道未整備の地域の住民の方々との間に不公平を生じます。
 そのため下水道整備により、直接利益を受ける住民の方(受益者)に下水道建設費の一部を負担して頂き、少しでも不公平を解消するために徴収する負担金を 「受益者負担金」 といいます。

受益者(受益者負担金納入者)とは

(1)建築物の所有者
 負担金を納めて頂く方は、下水道の処理区域内にあって下水を排除する建築物の所有者です。また、建築物が共有になっている場合は、一人を代表者として定めます。
(2)複数の建築物がある場合
 一般の世帯で、母屋の他に離れがあり、離れにも排水設備がある場合でも、同一敷地内であれば1世帯とみなします。一般世帯以外の事業所や店舗などで事務所や倉庫・工場など複数の建築物がある場合も、同一敷地内であれば1事業所とします。
(3)その他
 現在建築物がなく将来建築予定地として、下水を排除したい申し出がある場合は、その土地の所有者が受益者となります。

受益者の決め方

1

(条件)
  • 居住者A
  • 家屋所有者A
  • 土地所有者A

3

(条件)

  • 居住者B
  • 家屋所有者B
  • 土地所有者A
自分の土地に自分の家を建て、そこに住んでいる場合 他人の土地に自分の家を建て、自分が住んでいる場合

2

(条件)

  • 居住者B
  • 家屋所有者A
  • 土地所有者A

4

(条件)

  • 居住者C
  • 家屋所有者B
  • 土地所有者A
自分の土地に自分の家を建て他人に貸している場合。貸家、アパート等 他人の土地に自分の家を建て、それを他人に貸している場合。貸家、アパート等

受益者負担金額

 平成30年4月から

形態 排水人口 金額
一世帯 250,000円
事業所・店舗等(浄化槽算定基準による) 11人未満

250,000円

11人以上50人未満

300,000円

50人以上100人未満

400,000円

100人以上

1,000,000円

 処理区によって計算が異なりますので、詳しくは海津市上下水道課までお問合せください。

 

お問い合わせ先

上下水道課
(海津市役所 西館)

0584-53-1429お問い合わせはこちら