水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津 岐阜県海津市

海津市 くらしのガイド » 安心・安全 » 消防 ≫ 住宅用火災警報器の設置義務化

海津市

ライフイベントでさがす

目的でさがす

子育て
育児支援 / 青少年育成 / 妊娠と出生 / 子育てカレンダー / 小学校・中学校 / 母と子の健康 / 保育園・幼稚園・認定こども園
福祉・健康
生活の援護 / 社会福祉 / 福祉施設 / 障がい者福祉 / 高齢者 / 健康・検診 / 母子・父子家庭 / 人権・同和問題 / 介護
税・保険・戸籍
証明書時間外予約サービス / 軽自動車税 / 個人市民税・住民税 / 固定資産税 / 国民健康保険 / 国民年金 / 後期高齢者医療制度 / 法人市民税 / 住民票・印鑑登録証明
暮らし
環境 / 相談 / 公園 / 上水道 / 下水道 / 交通 / 住居
学ぶ・楽しむ
スポーツ / 講座 / 図書館 / 文化施設 / 歴史・文化 / 海津市教育委員会 / 体育施設
安心・安全
生活安全 / 防災 / 救急医療 / 水防 / 消防 / 交通安全
まちづくり
まちづくり計画 / 男女共同参画 / 国内・国際交流 / 市民協働 / 市民広場
市政
パブリックコメント(市民意見提出) / マイナンバー(社会保障・税番号)制度 / 監査委員 / 職員情報 / 選挙 / 計画・施策 / 財政 / 個人情報保護 / 各課お問い合わせ / 市報かいづ / 市役所案内 / 情報公開

閉じる

消防

住宅用火災警報器の設置義務化

 住宅火災による死傷者が急増していることを踏まえて、一般住宅にも専用の火災報知器の設置を義務化する消防法に一部が改正されました。

  • 平成23年6月1日からは、全ての住宅で完全義務化されました。(既存住宅の猶予期限が過ぎました。)

設置箇所

 住宅火災による死者は就寝中が最も多く、寝室や寝室のある階の階段の上端とし、天井又は壁面に取り付ける。

火災警報器の概要

 火災による煙を自動的に感知して、住宅内にいる人に警報ブザーや音声により知らせ避難を促す器具です。

火災警報器の取り付け位置

 天井に取り付ける場合は、壁面から60センチメートル以上離し、壁面に取り付ける場合は天井から15~50センチメートル以内の場所に取り付ける。

悪質な訪問販売にご注意

 住宅用火災警報器は設置義務があり、悪質な業者がこれを契機に不適正な価格、無理強い販売をするとも限りません。価格の目安は1個3,000円から15,000円(音で知らせるもの又は音声で知らせるもの並びにガスを検出するものと価格が上がっていきます。)の範囲です。
 もし、このような悪質業者がお宅を訪問して、「消防署の方から来ました。」などと言った場合は、来た方向を示しておりますので気をつけてください。また、消防職員は販売いたしません。おかしいなと思ったら、すぐに消防署にご連絡をください。

住宅用火災警報器が鳴った時の対処方法

住宅用火災警報器の作動確認方法

住宅用火災警報器の交換のすすめ

住宅防火対策推進協議会及び日本火災報知機工業会のホームページにて住宅用火災警報器の設置に関する詳細が紹介されています。

 

関連ホームページ

住宅防火対策推進協議会(http://www.jubo.go.jp/)

(一社)日本火災報知機工業会(http://www.kaho.or.jp/)

お問い合わせ先

予防課
(TEL)

0584-53-4949お問い合わせはこちら