水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津 岐阜県海津市

海津市 くらしのガイド » 税・保険・戸籍 » 税金 » 後期高齢者医療制度 ≫ 後期高齢者医療制度とは・・・

海津市

MENU

ライフイベントでさがす

目的でさがす

子育て
育児支援 / 青少年育成 / 妊娠と出生 / 子育てカレンダー / 小学校・中学校 / 母と子の健康 / 保育園・幼稚園・認定こども園
福祉・健康
生活の援護 / 社会福祉 / 福祉施設 / 障がい者福祉 / 高齢者 / 健康・検診 / 母子・父子家庭 / 人権・同和問題 / 介護
税・保険・戸籍
証明書時間外予約サービス / 軽自動車税 / 個人市民税・住民税 / 固定資産税 / 国民健康保険 / 国民年金 / 後期高齢者医療制度 / 法人市民税 / 住民票・印鑑登録証明
暮らし
環境 / 相談 / 公園 / 上水道 / 下水道 / 交通 / 住居
学ぶ・楽しむ
スポーツ / 講座 / 図書館 / 文化施設 / 歴史・文化 / 海津市教育委員会 / 体育施設
安心・安全
生活安全 / 防災 / 救急医療 / 水防 / 消防 / 交通安全
まちづくり
まちづくり計画 / 男女共同参画 / 国内・国際交流 / 市民協働 / 市民広場
市政
パブリックコメント(市民意見提出) / マイナンバー(社会保障・税番号)制度 / 監査委員 / 職員情報 / 選挙 / 計画・施策 / 財政 / 個人情報保護 / 各課お問い合わせ / 市報かいづ / 市役所案内 / 情報公開

閉じる

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度とは・・・

 後期高齢者医療制度は、それまでの老人保健制度の問題点を解消して現役世代と高齢者世代の負担を明確にし、増大する老人医療費に対応して新たな診療報酬体系を定めるなど、公平でわかりやすい保険運営を目指し、75歳以上の高齢者を対象に創設された医療保険制度です。
 現役世代の皆様は、現在、国民健康保険や被用者保険などいずれかの公的医療保険の被保険者ですが、75歳の誕生日からはこれに代わって後期高齢者医療制度にご加入いただくことになります。

 

保険者(運営主体)

 この制度では、岐阜県後期高齢者医療広域連合が市町村を取りまとめ、県内すべての被保険者資格や保険給付、保険料の決定などを行っています。この中で海津市は、本市に在住する加入者の皆様にかかる各種の申請・届出など書類の受付・相談と保険料の収納業務を担っています。

 

加入の条件

  • 75歳以上の方
  • 障がいの認定を受けた65歳以上74歳までの方

 

一部負担金

 病院で支払う一部負担金は、医療費の1割です。ただし、現役並み所得者の一部負担金は、3割です。

 

被保険者証

 被保険者1人に付き、被保険者証(個人証)を1枚交付します。

 

保険料(平成28・29年度)

 後期高齢者医療制度では、この制度に加入する被保険者一人ひとりが保険料を納めます。

  • 保険料の計算
    保険料(年額) = 均等割(42,690円) + 所得割((総所得-33万円)×8.55%)
      (保険料限度額 57万円)
     
  • 納付の方法
    特別徴収
     年額18万円以上の年金受給者は、年金から天引きになります。ただし、介護保険料との合計金額が年金額の1/2を超える場合は、天引きされません。
    普通徴収
     特別徴収以外の方は、口座振替、または市役所から送付する納付書を用いて銀行等窓口でお納めください。

※詳しくは、岐阜県後期高齢者医療広域連合ホームページをご覧ください。

 

関連ホームページ

岐阜県後期高齢者医療広域連合ホームページ(http://www.gikouiki.jp/)

お問い合わせ先

保険医療課
(海津市役所 東館)

0584-53-1349お問い合わせはこちら