水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津 岐阜県海津市

海津市 くらしのガイド » 税・保険・戸籍 » 税金 » 国民健康保険 ≫ 海津市国民健康保険保健事業実施方針

海津市

MENU

ライフイベントでさがす

目的でさがす

子育て
育児支援 / 青少年育成 / 妊娠と出生 / 子育てカレンダー / 小学校・中学校 / 母と子の健康 / 保育園・幼稚園・認定こども園
福祉・健康
生活の援護 / 社会福祉 / 福祉施設 / 障がい者福祉 / 高齢者 / 健康・検診 / 母子・父子家庭 / 人権・同和問題 / 介護
税・保険・戸籍
証明書時間外予約サービス / 軽自動車税 / 個人市民税・住民税 / 固定資産税 / 国民健康保険 / 国民年金 / 後期高齢者医療制度 / 法人市民税 / 住民票・印鑑登録証明
暮らし
環境 / 相談 / 公園 / 上水道 / 下水道 / 交通 / 住居
学ぶ・楽しむ
スポーツ / 講座 / 図書館 / 文化施設 / 歴史・文化 / 海津市教育委員会 / 体育施設
安心・安全
生活安全 / 防災 / 救急医療 / 水防 / 消防 / 交通安全
まちづくり
まちづくり計画 / 男女共同参画 / 国内・国際交流 / 市民協働 / 市民広場
市政
パブリックコメント(市民意見提出) / マイナンバー(社会保障・税番号)制度 / 監査委員 / 職員情報 / 選挙 / 計画・施策 / 財政 / 個人情報保護 / 各課お問い合わせ / 市報かいづ / 市役所案内 / 情報公開

閉じる

国民健康保険

海津市国民健康保険保健事業実施方針

 これまで本市では、平成20年度より海津市国民健康保険特定健康診査等実施計画を策定し、被保険者の健康寿命の延伸・医療費の適正化に取り組んできました。
 今後、高齢化社会が急速に進展していく中で、診療報酬明細書(以下、「レセプト」という。)や健診結果等の保有データを活用しながら、被保険者をリスク別に分けてターゲットを絞った保健事業の展開や、ポピュレーションアプローチから重症化予防まで網羅した保健事業を進めていくことなどが求められています。
 近年、特定健康診査の実施やレセプトの電子化の進展、国保データベースシステム(以下、「KDB」という。)等の整備により、保険者が健康や医療に関する情報を活用して被保険者の健康課題の分析、保健事業の評価等を行うための基盤整備が進んでいます。
 こうした中、日本再興戦略(平成25年6月14日閣議決定)において、医療保険者はレセプト等のデータ分析に基づき、加入者の健康保持増進のための事業計画の作成、公表、事業実施、評価等の取組みを行うことと方針が示されました。
 これらを踏まえ、厚生労働大臣が定める国民健康保険法に基づく事業の実施等に関する指針(平成16年厚生労働省公示第307号 )の一部改正が行われ、健康・医療情報を活用し、Plan(計画)-Do(実施)-Check(評価)-Act(改善)のサイクル(以下、「PDCAサイクル」という。)に沿った効果的かつ効率的な保健事業の実施および評価を行うこととされました。
 そこで本市では、「海津市国民健康保険保健事業実施方針」を策定し、保健事業の実施および評価を行うこととします。

お問い合わせ先

保険医療課
(海津市役所 東館)

0584-53-1349お問い合わせはこちら