水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津 岐阜県海津市

海津市 くらしのガイド » 福祉・健康 » 障がい者福祉 ≫ 身体障害者手帳の認定基準の一部が変わっています。

海津市

MENU

ライフイベントでさがす

目的でさがす

子育て
育児支援 / 青少年育成 / 妊娠と出生 / 子育てカレンダー / 小学校・中学校 / 母と子の健康 / 保育園・幼稚園・認定こども園
福祉・健康
生活の援護 / 社会福祉 / 福祉施設 / 障がい者福祉 / 高齢者 / 健康・検診 / 母子・父子家庭 / 人権・同和問題 / 介護
税・保険・戸籍
証明書時間外予約サービス / 軽自動車税 / 個人市民税・住民税 / 固定資産税 / 国民健康保険 / 国民年金 / 後期高齢者医療制度 / 法人市民税 / 住民票・印鑑登録証明
暮らし
環境 / 相談 / 公園 / 上水道 / 下水道 / 交通 / 住居
学ぶ・楽しむ
スポーツ / 講座 / 図書館 / 文化施設 / 歴史・文化 / 海津市教育委員会 / 体育施設
安心・安全
生活安全 / 防災 / 救急医療 / 水防 / 消防 / 交通安全
まちづくり
まちづくり計画 / 男女共同参画 / 国内・国際交流 / 市民協働 / 市民広場
市政
パブリックコメント(市民意見提出) / マイナンバー(社会保障・税番号)制度 / 監査委員 / 職員情報 / 選挙 / 計画・施策 / 財政 / 個人情報保護 / 各課お問い合わせ / 市報かいづ / 市役所案内 / 情報公開

閉じる

障がい者福祉

身体障害者手帳の認定基準の一部が変わっています。

平成26年4月1日より、ペースメーカや人工関節等を入れた方に対する身体障害者手帳の認定基準が変わっています。

平成26年4月1日以降の申請から新たな認定基準が適用されています。
 ただし、平成26年3月末までに診断書・意見書が作成された方については、同年6月末までに申請すれば従来の基準で認定されます。
 なお、従来の様式を使用された場合でも、今回の変更に伴う必要事項を主治医が加筆された場合は使用できます。

※すでに装着されている方につきましては手続きの必要は無く、引き続きご利用できます。

 

◆見直しの概要

 【ペースメーカ等を入れた方(心臓機能障害)】

 一律に1級と認定されていましたが、心臓機能を維持するためのペースメーカ等への依存度、日常生活活動の制限の程度を勘案して1級、3級又は4級に認定されます。 なお、3年以内に再認定(手帳の更新)が必要となります。
 先天性疾患により植え込みをした方や人工弁移植・弁置換した方は、従来どおり1級に認定されます。
 

【人工関節等の置換をされた方(肢体不自由)】

 これまでは一律、股関節・膝関節が4級、足関節が5級としていましたが、人工関節等の置換術後の障がいの状態(関節可動域等)を評価して認定されます。
 股関節・膝関節については、4級、5級、7級のいずれかに認定または非該当と判定、足関節については、5級、6級、7級に認定または非該当と判定されます。

【その他】

すべての障がいにおいて26年4月の再認定(手帳の更新)や再発行より、次回診査が必要な方にはその年月を身体障害者手帳に記載します。

 

問い合わせ先  岐阜県身体障害者更生相談所  TEL 058-231-9715

お問い合わせ先

社会福祉課
(海津市役所 東館)

0584-53-1139お問い合わせはこちら