協働が生みだす魅力あふれるまち海津 岐阜県海津市

海津市 新着情報 » おしらせ ≫ 臨時福祉給付金(経済対策分)について

おしらせ

臨時福祉給付金(経済対策分)について

 消費税の引き上げ(8%→10%)が2年半延期されたことを踏まえ、経済対策の一環として、所得の少ない方への安心感を確保するため、秋の給付金(3,000円)対象者の方に、2年半分を一括して、「臨時福祉給付金(経済対策分)」を支給します。

支給条件

 対象者となる方は、次の条件すべてを満たす方に限られます。
  ・平成28年度の市県民税が課税されていない方
  ・平成28年1月1日時点で海津市に住民票があった方

【ただし次の方は支給対象外となります】
  ※ご自身は課税をされていなくても、ご自身の生活の面倒を見てもらっている方が課税されている方
  (市民税が課税されている方の扶養親族になっている場合)
  ※生活保護制度の被保護者となっている方
  ※給付対象者となる方でも、給付金が支給決定されるまでに亡くなられた方

支給額

 1人につき  15,000円(1回限り)

申請手続

 申請方法は、2月6日(月)に市から郵送される申請書(請求書)に必要事項を記載し、必要書類を添えて、返信用封筒にて郵送いただくか、最寄りの窓口にて申請してください。
  ※口座振込みによる受給が基本です。

申請受付

区  分 日  程 場  所 受付時間
常設(開庁日) 2月7日(火)~5月19日(金) 市役所 社会福祉課 東館2F
平田・城山・下多度・石津支所

午前9時00分~午後5時00分

臨時(休日) 2月26日(日) 市役所 保険医療課 東館1F 午前9時00分~午後5時00分

  ※期限までに提出されない場合は、辞退とみなされますのでご注意ください。

必要なもの

1.申請書にお名前のある方全員分の身分証明書の写し
  ※いかなる場合も、身分証明書は必ず必要です。
  ※日本国籍の方の身分証明書は、運転免許証、保険証、学生証など
  ※外国籍の方の身分証明書は、在留カードまたは、特別永住者証明書
  ※代理申請・受給を希望される場合は、申請・受給者の身分証明書に加え、代理人の身分証明書の写し

2.通帳の写し
  ※受取口座の金融機関、口座番号、口座名義人(カナ)が分かる箇所
  ※申請書に、金融機関・支店等が印刷されている方で、今回も同じ口座での給付を希望される場合は、通帳の写しは必要ありません。

3.連絡の必ず取れるお電話番号
  ※ご家族の方の番号や、携帯電話でも構いません。

4.申請書にお名前のある方全員分のご印鑑(朱肉を使うもの)
  ※申請期限(5月19日(金))までに添付書類などの不備が解消しない場合は不支給となりますので、お早めにご申請ください。
  ※給付金の支給(口座振込みの場合)は、申請受付後、概ね1ヶ月半後を予定しています。

 

給付金を装った“振り込め詐欺”や“個人情報の詐欺”にご注意ください

 ご自宅や職場などに市や厚生労働省(の職員)などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら迷わず市役所や警察(または警察相談専用電話(♯9110))にご連絡ください。

問い合わせ先

 ・申請方法に関する問い合わせ
    社会福祉課 福祉給付金係(専用電話)  TEL(0584)53-3484

 ・制度に関する問い合わせ
    厚生労働省 給付金に関する専用ダイヤル TEL(0570)037-192
          特設ホームページ

 

お問い合わせ先

社会福祉課
(海津市役所 東館)

0584-53-1139お問い合わせはこちら