ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

よくある質問

70歳からの高齢受給者証について教えてください

[2019年10月15日]

ID:F-442

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

回答

国保に加入している方が満70歳になられた場合、後期高齢者医療に該当される方は除き「国民健康保険高齢受給者証」が交付されます。
この受給者証は、70歳の誕生月(誕生日が月の初日の方はその前月)に、市役所から対象の方に郵送します。使用できるのは70歳になる誕生月の翌月(誕生日が月の初日の方は誕生月)からです。
平成26年度から自己負担割合は2割(現役並み所得者は3割)になりました。ただし、昭和19年4月1日以前生まれで、すでに70歳以上の方は、これまでどおり1割(現役並み所得者は3割)となります。自己負担割合は、前年(1月~12月)の収入をもとにして判定されます。
また、受給者証の有効期間は、毎年7月31日までです。すでに交付を受けている方には、毎年7月末日までに新しい受給者証が郵送されます。

医療機関にお持ちいただくもの

保険証とともに、「高齢受給者証」を医療機関の窓口に提示してください。

高齢受給者証の再発行について

紛失された場合は、次のとおり再発行の手続きをしてください。受給者証はその場で再発行します。身分が確認できない場合は後日、本人宛に郵送します。

  • 持ち物
    運転免許証など、身分を証明できるもの
  • 手続きの場所
    保険医療課(海津市役所東館)・城山支所・平田支所・石津支所・下多度支所
  • 郵送の可否
    原則として郵送による手続きはできません。
  • 手数料
    無料

詳しくは次のページを参照してください。
国民健康保険で受けられる給付
負担区分について

お問い合わせ

健康福祉部 保険医療課 

電話番号: 0584-53-1349 ファクス番号: 0584-53-0443

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム