ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

やまざきゆめの森こども園

2020年2月3日

ID:874

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

施設情報

所在地

〒503-0415
岐阜県海津市南濃町山崎949番地3

電話番号

0584-55-0317

ファクス

0584-55-0893

ホームページ

アルバムを見る

園舎の写真

園舎

教材の写真

教材

園庭の写真

園庭

園児の様子の写真

園児の様子

遊びの様子の写真

遊びの様子

給食の写真

給食

保育室の写真

保育室

遊戯室の写真

遊戯室

子育て支援の様子の写真

子育て支援の様子

周辺環境の写真

周辺環境

施設の特色・紹介

やまざきゆめの森こども園は、自然豊かな環境の中でのびのびとクリエイティブな子どもの育ちを引き出します。
また、質の高い幼児教育を行い、これからの新しい時代を生き抜く力を育みます。
子どもが思わず関わりたくなる環境、思わず遊びたくなる環境を整え、子どもの意欲を促します。
小学校では国語や算数など科目別に学びますが、やまざきゆめの森こども園の幼児教育・保育は、複合的・総合的かつ包括的に環境と遊びを通して文字や数字の概念を学びます。
また、子どもの主体的な活動、意欲的な活動を促すためにプロジェクト保育を行い、好奇心や発想力を高めながらより深い学びにつなげています。
詳しくはウェブサイトをご覧ください。

定員

25名
幼稚部15人(3歳児から)
保育部10人(生後43日~就学前まで)

経営主体

社会福祉法人 蓮華会

保育目標

これからの未来を作り、生き抜く力を育む
この「生き抜く力」とは、例えば、忍耐力とかチャレンジする意欲、周りとの協調性などの力であり、これらを「非認知能力」と言い、幼児期の教育がとても大切であることが学術的にもわかっています。
生き抜く力を育むために必要な学び方をアクティブラーニングと言い、自発的な学びのことを指します。
やまざきゆめの森こども園では「自発的・主体的で対話的な深い学び」(アクティブラーニング)を実現するため
に空間的環境(保育室等)、物質的環境(教材等)、人的環境(保育者等)などを整えております。
また、これからの未来を生き抜く力を21世紀型スキルとも言い、やまざきゆめの森こども園では、環境を通した幼児教育・保育により21世紀型スキルが身に付き、これからの未来を生き抜ける人を育みます。

保育時間

  • 通常保育
    幼稚部午前9時00分~午後3時00分、保育部(短時間認定午前8時00分~午後4時00分、標準時間認定午前7時00分~午後6時00分)
  • 土曜保育
    午前8時00分~午後4時00分 延長可
  • 延長保育
    午前7時00分から通常保育まで・通常保育から午後7時00分まで

個々の保護者様の勤務時間に合わせてご相談に応じます。

休園日

幼稚部(3~5歳児) 土・日・祝日・夏季休業・冬季休業・春季休業
保育部(0~5歳児) 日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

給食

給食は園の栄養士が管理するバランスの取れた献立を園で調理する完全自園給食です。
手作りおやつも作ります。
食器にもこだわっており、乳児にも持ちやすく食べやすい食器を用意しています。
そのことで食べることへの意欲が育まれ、食事は楽しいものだと思えます。
このように、身体を育むだけでなく、心も育む食育を行っています。

保育料以外に必要な費用

  • 幼稚部
    給食費、保護者会費
  • 保育部
    主食代(3歳以上児のみ)

さまざまな保育事業

  • 一時預かり事業(一般型・幼稚園型)
  • 延長保育
  • 地域子育て支援センター(ちびっこランド)
  • 障がい児保育
  • 通園バス
  • 地域交流

お問い合わせ

教育委員会事務局 こども課 

電話番号: 0584-53-1526 ファクス番号: 0584-53-1608

お問い合わせはこちら