ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

父子医療

2020年2月2日

ID:994

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

父子家庭の医療費助成

父子家庭の親子が、保険診療した医療費の自己負担額を助成します。
ただし、入院中の食事代は対象となりません。

※受給者証の有効期限(原則)は、毎年10月31日までです(受給者証は毎年11月に更新します)。所得制限の範囲内であっても引き続き助成を受けるためには、更新の申請が必要です。

対象

  • 父子家庭の父と児童
    ※対象は、子どもの年齢が18歳になって最初の3月31日までの父および子。

申請場所

保険医療課

必要なもの

  • 対象者全員の保険証
  • 保護者の振込口座
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 児童扶養手当証書もしくは遺族年金基礎年金証書

所得制限について

児童扶養手当法によって決められた所得の範囲内

助成の対象

国民健康保険、社会保険等による保険給付を受けた自己負担額が助成の対象になります。
※保険対象外は、助成の対象外です。

病院にかかったら

県内の病院にかかったとき

受診時に健康保険証と一緒に受給者証を窓口に提示してください。(窓口無料)

県外の病院にかかったとき

  1. 窓口で自己負担分を支払った後、同月分をまとめて助成の手続きを行なってください。
  2. 審査後、助成額を指定口座へ振り込みます。

申請場所

保険医療課、平田支所、城山支所、下多度支所、石津支所

必要なもの

  • 父子家庭等医療費受給者証
  • 領収書(受診者氏名および保険点数が明記されているもの)または医療機関の証明が記載された申請書
  • 印鑑(朱肉を使うもの)

お問い合わせ

健康福祉部 保険医療課 

電話番号: 0584-53-1349 ファクス番号: 0584-53-0443

お問い合わせはこちら