ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

海外で、感染症にかからないように注意しましょう

2020年2月2日

ID:1454

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

海外では、日本と気候や衛生環境が異なるため、日本で発生していない感染症があり注意が必要です。感染症の予防のために、渡航中の対策はもちろんのこと、渡航前の入念な準備と渡航後の体調管理に心がけましょう。

海外渡航前に

海外滞在中に気を付けること

こまめな手洗いを

手洗いは感染症予防の基本です。食事前やトイレの後は、石けんと流水で手を洗いましょう。きれいな水が使えない場合は、手洗い後にアルコール製剤で消毒することも効果的です。

生水や生の食べ物に注意

衛生環境の悪い地域では、水はボトル入りのものを飲みましょう。氷の入った飲み物、カットフルーツやサラダ、生肉・生魚なども避けましょう。

蚊に刺されないよう対策を

肌を出さないように服装に気をつけて、虫よけスプレーを使いましょう。

動物にむやみに近づかない

野生動物や、街に放し飼いにされている犬や猫に近づかないようにしましょう。

帰国後に気を付けること

帰国後に心配な症状がある人は、必ず空港や港の検疫ブースで検疫官に申し出ましょう。

お問い合わせ

健康福祉部 健康課 

電話番号: 0584-53-1317 ファクス番号: 0584-53-1569

お問い合わせはこちら