ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

アカカミアリ発見のお知らせについて

2020年2月2日

ID:1579

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和元年10月5日、海津市海津町萱野地内においてコンテナ内から約300個体のアリが発見され、10月8日専門家による同定の結果、特定外来生物であるアカカミアリと確認されましたので、お知らせします。
確認された個体については、既に全て殺虫処理され、発見されたコンテナ周辺には殺虫餌(ベイト剤)と粘着トラップが設置されています。

アカカミアリの生態

アカカミアリは、アメリカ合衆国南部から中米原産のアリで、ヒアリほどの強い毒性はないといわれているものの、同じく「特定外来生物」に指定されています。

  • 原産地:アメリカ合衆国南部から中米
  • 全体は赤茶色、腹部が黒っぽい赤色
  • 腹部末端に毒針を持つ
  • 亜熱帯地域の裸地や草地などの開けた環境に生息し、土中に営巣する。雑食性で、甘露や植物の種などを餌とする
  • 日本では、硫黄島に定着している

お問い合わせ

市民環境部 環境課 

電話番号: 0584-53-3195 ファクス番号: 0584-53-1598

お問い合わせはこちら