ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

新型コロナウイルス感染症の影響により市税の納付が納期限までに困難な方へ

2020年9月9日

ID:1848

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症の影響による市税の徴収猶予について

 新型コロナウイルス感染症に納税者(家族含む)がり患された場合のほか、関連して次のようなケースに該当する場合は徴収猶予制度があります。

【対象となる方】

・災害により財産に相当な損害が生じた場合(患者が発生した施設で消毒作業が行われたことにより、

 備品や棚卸資産を廃棄した場合

・納税者本人または生計を同じにする家族が病気にかかった場合

・納税者が営む事業について、やむを得ず休業、廃業をした場合

・納税者が営む事業について、利益の減少等により損失を受けた場合

【対象となる地方税】

・令和2年2月1日から令和3年2月1日(※)までに納期限が到来する市民税・固定資産税・軽自動車税・国民健康保険税

※令和2年9月4日に公布された「地方税法施行令の一部を改正する政令(令和2年政令第264号)」の一部の規定が

同日施行されたことにより、令和3年2月1日に改められました。

【申請手続等】

・別紙の申請書ほか、収入や現預金の状況がわかる資料を提出していただきますので、事前に問い合わせてください。

お問い合わせ

総務部 税務課 

電話番号: 0584-53-1116 ファクス番号: 0584-53-0443

お問い合わせはこちら