ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

新型コロナウイルス感染症の影響による法人市民税の申告・納付期限の延長について

2021年9月8日

ID:1924

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症の影響により、期限内に法人市民税の申告・納付ができないやむを得ない理由がある場合には、感染症の影響がやんだ日から二か月以内に以下の手続きをしていただくことにより期限を延長することができます。

 

なお、この場合の申告・納付期限は原則として申告書の提出日となります。

期限延長の手続き

  • 申告書の上部の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」である旨を付記し、所管の税務署に提出された「災害による申告、納付等の期限延長申請書(税務署の受付印のあるもの)」の写しを添付し、提出してください。
  • 電子申告(eLTAX)の場合は、件名・余白等に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力し、「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請(eLTAX様式)」を添付してください。

添付様式等については、下記ホームページをご参照ください。

新型コロナウイルス感染症に関する対応等について(国税庁)外部リンク

eLTAX地方税ポータルシステムホームページ外部リンク



お問い合わせ

総務部 税務課 

電話番号: 0584-53-1116 ファクス番号: 0584-53-0443

お問い合わせはこちら