ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

南濃町志津地内における土壌汚染

2020年8月26日

ID:2028

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

南濃町志津地内における土壌汚染について

本日(令和3年1月19日)、国土交通省中部地方整備局岐阜国道事務所(以下「国道事務所」という。)から、海津市南濃町志津地内の土壌から土壌環境基準を超えるヒ素が検出された旨の報告がありましたのでお知らせします。
なお、この調査は、国道事務所が国道475号東海環状自動車道新設事業に伴い自主的に行ったものです。

1.調査地の概要

  • 所在地
    海津市南濃町志津地内
  • 経緯
    国道475号東海環状自動車道新設事業における橋脚工事に伴い、土壌調査を行ったところ、今回新たに汚染が確認されたもの。

2.調査の概要

令和3年1月19日報道発表(調査期間:令和2年12月から令和3年1月)
項目調査検体数基準超過検体数調査結果指定基準値基準超過倍率
ヒ素
(土壌溶出量)
110.016mg/L0.01mg/L以下1.6倍 

※その他の物質についても調査を実施していますが、基準超過はありません。

  • 過去の調査結果の概要
令和2年8月25日報道発表(調査期間:令和2年6月から令和2年8月)
項目調査検体数基準超過検体数調査結果指定基準値最大基準超過倍率
ヒ素
(土壌溶出量)
220.014mg/L~0.037mg/L0.01mg/L以下3.7倍 

※その他の物質についても調査を実施していますが、基準超過はありません。

3.汚染原因

  • 現時点では不明です。
    なお、周辺地域には、原料にヒ素を使用する工場・事業場はありません。

4.今後の対応

  • 地下水調査について
    西濃県事務所において、土壌溶出量基準超過が判明した場所から地下水の流向を考慮した半径250mの範囲内に調査対象となる井戸がないことを確認していますので、「岐阜県地下水の適正管理および汚染対策に関する要綱」に基づく周辺地下水調査は実施しません。
  • 汚染土壌の対策について
    汚染土壌について、適正な管理等が講じられるよう助言していきます。

記者発表・配布資料

お問い合わせ

市民環境部 環境課 

電話番号: 0584-53-3195 ファクス番号: 0584-53-1598

お問い合わせはこちら