ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

第2波を教訓に、油断なく警戒継続

2020年9月2日

ID:2034

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

第2波を教訓に、油断なく警戒継続

県は、9月1日午後をもって、「第2波非常事態」を解除しました。しかし、警戒を緩めるとたちまち3度目の感染拡大につながる可能性があります。引き続き一人ひとりの警戒を緩めないようにしましょう。

高感染リスクの場を回避

感染リスクの高い場や行動は引き続き回避し、慎重な行動を。特に「飲食後もマスクをはずして会話を続ける」ことは危険です。

家族のことは家族で守る

当初若者中心に始まった第2波も、家族内の感染を通じ徐々に中高年齢層へ拡大。重症の方も増えました。今後も引き続き、重症化のリスクの高い高齢者の方など大切な家族を守るために、若い世代の方々も感染リスクを避けましょう。

職場や学校などでの感染を防ぐ

毎日自分で体調チェック。体調異常の場合は通学、通勤、外出をストップ。職場や学校では、体調不良の人を思いやり、安心して休める雰囲気づくりも重要です。

お問い合わせ

総務部 秘書広報課 

電話番号: 0584-53-1112 ファクス番号: 0584-53-2170

お問い合わせはこちら