ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

コロナワクチン接種に関する市長メッセージ

2021年7月15日

ID:2399

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

コロナワクチン接種に関する市長メッセージ

市民の皆さまへ

 新型コロナウイルス感染症につきましては、市民の皆さまに、これまで感染拡大防止のための各種取組みを実践していただいておりますことに、御礼を申し上げます。
 未だに終息の目途が立たず、実体経済への影響が広がる中、市民の皆さまにおかれましては、長期にわたり不安な日々をお過ごしのことと思います。
 皆さまの健康と生活を守るため、本市では、海津市医師会のご協力を得て、高齢者接種からスタートし、接種対象者を順次拡大しながら、コロナワクチンの接種を進めてまいりました。

 このコロナ禍において、子どもたちを取り巻く環境も一変し、さまざまな活動の自粛や制限を求められているところであり、子どもたちの心身の健康への影響が懸念されております。特に、学校でのクラスターの発生が危惧される中、学校行事の中止や規模縮小などが相次ぎ、子どもたちは絶えず緊張や不安を抱えながら、不自由な学校生活、家庭生活を強いられているところです。そこで、健全な教育環境を整えるとともに、安全・安心な学校生活を過ごすことができるよう、夏休み期間を利用してワクチン接種を受ける機会を提供したいと考え、市内の12歳以上の小中学生、高校生世代の方を対象に接種券を送付することといたしました。
 もちろん、子どもたちへの接種については、慎重に実施する必要があり、保護者と子ども本人がワクチンの効果と副反応の双方を十分に理解したうえで、接種を受けるかどうかを選択していただくことが重要です。
 そして、ワクチン接種を希望されない方、また、身体的な要因などのさまざまな理由によって、接種したくてもできない方もいます。ワクチン接種に関連した差別や偏見、いじめなどが起こることのないよう、学校における指導の徹底を図ってまいりますので、保護者の皆さまにおかれましても十分な配慮をお願いいたします。

 本日現在、12歳以上の市民の約4割にあたる約12,000人の方が1回目の接種を、また、約6,500人の方が2回目の接種を終えております。まだ接種できていない年代の皆さまにつきましても、国からのワクチンの供給状況を見極めながら、着実に接種を進めていく所存でありますので、どうか皆さま方のご理解とご協力をお願いいたします。
 本市といたしましても、国や県と協調しながら、感染拡大防止の取組みに加えて、地域経済と雇用を守るための施策や生活困窮世帯に対する支援などを速やかに行ってまいりたいと考えております。市民の皆さまにおかれましても、ご自身とご家族、ご友人を新型コロナウイルスから守るため、引き続きマスクの着用や手洗いの徹底など、基本的な感染防止対策の徹底に、ご協力いただきますようお願いいたします。

令和3年7月15日
海津市長 横川 真澄

お問い合わせ

健康福祉部 健康課 

電話番号: 0584-53-1317 ファクス番号: 0584-53-1569

お問い合わせはこちら