ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

濃厚接触者の自宅待機と健康観察期間が短縮されました

2022年2月2日

ID:2608

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

濃厚接触者の自宅待機と健康観察期間が短縮されました

オミクロン株の感染拡大により、エッセンシャルワーカーなどの間で感染者や濃厚接触者が急増していることを受け、岐阜県は「コロナ社会を生き抜く行動指針」を改定しました。

改定の内容

  1. 自宅待機・健康観察の期間
    原則7日間(2月1日現在)
    ※最新の情報をご確認いただいた上で、保健所の指示に従ってください。
  2. 緊急事態措置区域およびまん延防止等重点措置区域への不要不急の移動を極力控える
    ※ワクチン・検査パッケージ制度の適用を受けても対象となります。

岐阜県コロナ社会を生き抜く行動指針

岐阜県では、コロナ社会を生き抜く行動指針を定め、県民の皆さんに習慣として身に着けていただきたい基本的な感染防止対策を示しています。あらゆる機会において、新型コロナウイルスが潜んでいることを意識し、対策を実践していただきますようお願いします。

岐阜県ホームページ

【県民・事業者の皆さまへ】「コロナ社会を生き抜く行動指針」について外部リンク

お問い合わせ

総務部 秘書広報課 

電話番号: 0584-53-1112 ファクス番号: 0584-53-2170

お問い合わせはこちら