ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

夏休みを利用した新型コロナウイルスワクチン接種について

2022年8月5日

ID:2776

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

夏休みを利用した新型コロナウイルスワクチン接種について

現在、新型コロナウイルス感染症が全国的に急拡大しており、20代以下の陽性者がほぼ半数をしめています。

ワクチンの感染予防効果等は時間の経過とともに、著しく低下します。

また、夏休みになり、人との接触機会が増えることも予想されます。

3回目接種によりオミクロン株感染に対する各種予防効果が回復するとされており、皆さん自身を守るだけではなく、家族、友人、高齢者など大切な方を守ることにもつながります。

ワクチン接種は強制されるものではありませんが、本市ではOCT文化センター集団接種会場において、1・2回目接種枠、3回目接種枠も設けており、予約枠が空いている場合がありますので、夏休み中に接種を希望する方は、お早めにご予約をお願いいたします。

海津市の集団接種会場の予約方法など詳細については、こちら(新型コロナワクチン接種予約について)をご覧ください。

岐阜県の大規模接種会場でも接種することができます

県内に住民票のある12歳以上の方で1・2回目接種を希望する方

岐阜県ノババックスワクチン接種センター(岐阜県総合医療センター)で接種することができます。
接種対象者・予約方法などは、こちら(岐阜県ノババックスワクチン接種センターの開設および予約受付の開始について)外部リンクをご覧ください。​

県内に住民票のある18歳以上の方で3回目接種を希望する方

岐阜県産業会館で接種することができます。

接種対象者・予約方法などは、こちら(ノババックスワクチンの臨時接種会場(岐阜産業会館))外部リンクをご覧ください。​

お問い合わせ

健康福祉部 健康課 

電話番号: 0584-53-1317 ファクス番号: 0584-53-1569

お問い合わせはこちら