ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

よくある質問

住民票の発行について教えてください

[2020年6月16日]

ID:F-359

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

回答

住民票・住民票記載事項証明・除かれた住民票などの手続きは以下のとおりとなります。
事前に電話やインターネットにて予約をすることによって時間外に住民票の交付を受けることができます。
また、市外(西濃地域・岐阜地域)の一部の市町からも広域行政窓口サービスにて交付を受けることができます。

手続きの場所

市民課(東館)・平田支所・下多度支所・城山支所・石津支所

持ち物

  • 印鑑(認印)
  • 本人確認書類(運転免許証等)
  • 代理人が申請する場合委任状

手数料

  • 1通300円

詳しくは次のページを参照してください。
住民票、印鑑登録証明
時間外予約サービス
広域行政窓口サービス

注意事項

  • 住所(○番地、アパート・マンションのとき名称○棟○○号室)を確認してきてください。
  • 代理人(同一世帯親族以外の方)が請求する場合は委任状が必要です。

詳しくは次のページを参照してください。
戸籍・証明請求の委任状の書き方について(関連Q&A「戸籍・証明請求の委任状の書き方について教えてください。」)

住民票と住民票記載事項証明との違いは

住民票」とは、市町村が住民について「住んでいる」ことを証明するもの。住民基本台帳の情報の写しです。
「住民票記載事項証明」とは、住民票の記載事項のうち一部(または全部)を抜粋し、その事項が住民票記載のものと相違ない旨を証明するものです。
一般的には、証明書提出先の会社・学校等にある書式に証明して欲しい事項を記入して窓口へお持ちいただき、その用紙に日付・認証文を記載し、証明します。
なお、住民票に記載されている事項ならどれでも証明の対象となりますが、住所・氏名・性別・生年月日の4情報を証明するのが一般的です。

除かれた住民票(住民票除票)について

  • 転出、死亡などで住民基本台帳から除かれたものを「除かれた住民票」といいます。
  • 除かれた日から5年間しか発行できません。

お問い合わせ

市民環境部 市民課 

電話番号: 0584-53-1114 ファクス番号: 0584-53-0443

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム