ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

よくある質問

国民皆保険制度とはどのようなものですか

[2019年10月15日]

ID:F-420

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

回答

「国民皆保険」とは、病気のときや事故にあったときの高額な医療費の負担を軽減するため、原則的にすべての国民が公的医療保険に加入しなければならない、という制度です。
ここでいう公的医療保険とは、次の保険のことです。

  • 国民健康保険(自営業者、年金受給者等)
  • 政府管掌健康保険、組合管掌健康保険(会社員等)
  • 国民健康保険組合(医師、歯科医師、薬剤師、建設関係等)
  • 各種共済組合等(公務員、私立学校教職員)
  • 船員保険
  • 後期高齢者医療制度(75歳以上の方および一定の障がいがある65歳から74歳の方)

したがって、民間の生命保険や医療保険に加入していても、必ず公的医療保険にも加入しなければなりません。
海津市にお住まいで他の公的医療保険に加入できない方は、必ず国民健康保険への加入の届け出が必要になります。なお、生活保護を受けている方は被保険者になれません。
政府管掌健康保険、健康保険組合、共済組合、船員保険等に係る制度や手続きは、加入されている健康保険により異なる場合がありますので、お勤め先を通してご確認ください。

お問い合わせ

健康福祉部 保険医療課 

電話番号: 0584-53-1349 ファクス番号: 0584-53-0443

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム