ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

よくある質問

退職後、職場の健康保険を任意継続するのと国民健康保険に加入するのとではどちらが良いですか

[2019年10月15日]

ID:F-427

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

回答

職場の健康保険には、一定期間勤めていた会社を退職した場合、退職日の翌日から2年間、任意で健康保険を継続できる制度があります。
任意継続の保険料は退職時の倍額程度になりますが、上限の一定額を超えることはありません。
一方、国民健康保険の保険税は、前年の所得や固定資産税額などで計算し、上限も任意継続の保険料より高いため、国保に加入した年度では、任意継続の保険料を上回る場合が多いようです。
どちらの保険が有利か、よく調べて決めるのがよいでしょう。
任意継続は、職場の健康保険の種類によって、保険料や届け出期間が異なります。加入している健康保険の事務所に問い合わせてください。
詳しくは次のページを参照してください。
国民健康保険税

お問い合わせ

健康福祉部 保険医療課 

電話番号: 0584-53-1349 ファクス番号: 0584-53-0443

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム