ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

高齢者運転免許証自主返納事業

2020年2月2日

ID:1163

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

海津市では、平成22年4月1日より、高齢者による交通事故の減少を図るため、有効期間内の運転免許証を自主返納された市内の65歳以上の高齢者の方を対象に支援を行っています。
運転免許証の更新時期を迎えようとする方、運転に少しでも不安を感じている方など、この機会に運転免許を自主返納してみませんか。

支援の対象者

有効期間内の全ての運転免許証を平成22年4月1日以降に自主返納した以下に当てはまる方が対象となります。

  • 海津市住民基本台帳に記録されている満65歳以上の方

支援の内容

  1. コミュニティバス回数券(5,000円)の交付
  2. 養老線1日フリーきっぷ(4,500円)の交付およびコミュニティバス回数券(500円)の交付
  3. 名阪近鉄バス セット回数券(5,000円)の交付
  4. 養老鉄道マイレールチケット21(5,000円)の交付

※交付は、1~4のいずれかの交付になります。

支援を受けるために必要なもの

  • 失効した運転免許証(返納時に警察署で穴を開けられたもの)
  • 運転免許の取消通知書
  • 印鑑(認印)
  • 本人確認書類(パスポート、健康保険証、年金証書など)

手続き

  1. 運転免許証の返納は海津警察署(交通課)で運転免許証の自主返納手続きを行います。
    (受付時間:平日の午前8時30分~午後5時00分まで)
    ※手続きは本人申請となります。
  2. 支援の申請 市民活動推進課(海津市役所西館1階)で申請ができます。
    (受付時間:平日の午前8時30分~午後4時30分まで)
    ※申請は、自主返納をしてから3ヶ月以内に行ってください。

注意事項

海津警察署で運転免許証の自主返納手きが完了した時点で、その免許証は無効となります。その後、運転すると無免許運転となり、処罰の対象となりますのでご注意ください。

※道路交通法第64条第1項、第117条の2の2第1項:無免許運転は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金

各種問い合わせ先

  • 自主返納事業について
    市民活動推進課(53-3194)
  • 運転免許の自主返納手続きについて
    海津警察署交通課(53-0110)

お問い合わせ

市民環境部 市民活動推進課 

電話番号: 0584-53-3194 ファクス番号: 0584-53-1598

お問い合わせはこちら