ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

海津市歴史民俗資料館

2021年9月30日

ID:636

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

施設再開のお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため臨時休館しておりましたが、10月1日金曜日より通常どおり再開します。

引き続き、ご来館の際には感染防止対策徹底へのご協力をお願いいたします。

貝塚と古墳・輪中と低地の農業・高須藩

「貝塚と古墳」「輪中と低地の農業」「高須藩」を主要テーマに、海津市の歴史や文化を紹介する資料館です。

1階に"海津の縄文時代"と"海津の古墳時代"のコーナーがあり、2階では輪中の歴史や生活文化について実物や模型で学ぶことができます。3階部分は高須藩松平氏の御館の一部を復元展示しています。
歴史民俗資料館の写真

企画展

企画展「西美濃の円空仏」 

海津市内に現存する円空仏4体が初めてそろって展示されます。期間中、ぜひご来館ください。

ご来館の際には新型コロナウイルス感染拡大のため、マスク着用など対策の徹底および展示室内では密接・密集を避け、会話を控えていただくようお願いいたします。

期間   8月28日土曜日から11月7日日曜日まで
         ただし、新型コロナウイルス感染症による臨時休館期間と重なる場合は、休館が解除されてから11月7日までとなります。
場所   海津市歴史民俗資料館 企画展示室
入館料   常設展と共通  大人500円、小中学生200円

講演会「庶民の信仰 円空の微笑仏」(開催日変更)

日時  9月23日秋分の日を変更し、11月3日文化の日に開催します。時間は午後2時から3時30分まで
講師  円空学会理事長 小島梯次氏
定員  100名(事前申し込み制)
参加費 入館料のみ
その他 れきみんアラカルチャーの本年度第1回講座を兼ねます。
          新型コロナウイルスの感染状況により、定員の縮小または中止とさせていただく場合もあります。

体験講座「円空仏を彫ってみよう!」

日時  第1回 10月3日日曜日は中止します。
      第2回 10月30日土曜日 午後1時30分から4時30分
定員  小学4年生以上の親子5組ずつ(事前申し込み制・見学は自由)
参加費 1組500円(材料費、入館料を含みます。)
その他 当日定員に空きがある場合、小学4年生以上の方ならお一人での参加も可

講演会と体験講座の申し込みの受付は、8月24日(火曜日)からです。

本ホームページの講演会申し込みフォームまたは円空彫り体験申し込みフォームから申し込んでください。
それぞれ、定員になり次第しめきります。

お知らせ

木曽三川水郷カードの配布について

令和3年度版木曽三川水郷カードを配布します。(10月1日から2月28日)
詳しくはチラシをご覧ください。

なお、令和2年度版についても、ご希望の方へ配布します。

木曽三川水郷カードの集め方

新型コロナウイルス感染拡大予防対策について

海津市歴史民俗資料館は、以下の感染拡大予防対策を実施した上で開館しております。

海津市歴史民俗資料館における新型コロナ感染拡大予防対策および行動方針

来館される方へのお願い

  • 発熱等の症状のある方や体調不良の方、または感染拡大している地域や国への訪問歴がある方は入館をご遠慮ください。
  • 入館時は手指の消毒、検温へのご協力をお願いいたします。
  • マスクを着用するなど、咳・くしゃみ等飛沫防止対策にご協力ください。
  • 入館時に利用者カードへお名前、住所、電話番号(連絡先)、人数、入館日時をご記入いただきます。この情報は必要に応じて保健所等の公的機関へ提供いたしますのでご了承ください。また、県の「感染警戒QRシステム」や政府の「接触アプリ(COCOA)」もぜひご活用ください。
  • 他の方との間隔を2m程度あけてご観覧ください。また、混雑時は各展示室内の在室人数を制限させていただきます。
  • 展示ケース、展示資料、壁などにはお手を触れないでください。
  • ミニ銅鏡づくり体験は当面の間中止とさせていただきます。

ご案内

開館時間

午前9時30分から午後5時まで

(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始(12月29日から1月3日まで)

入館料

一般310円、小中学生150円
(団体30名以上)一般200円、小中学生100円

※障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)をお持ちの方とその介護者1名は無料です。入館時にご提示ください。

駐車場

無料駐車場96台(海津市市民プールと共用)

地図

車いすをご利用の方へ

車いすをご利用の方は、門柱に備え付けのインターホンにてお知らせください。職員が介助させていただきます。

見どころ

堀田

堀田の写真

堀田とは、湿地の一部を掘り、その土を積み上げて造った水田です。土を掘った部分は水路となり、田舟と呼ばれる舟を使い、田植えなどの農作業を行っていました。

お問い合わせ

歴史民俗資料館 

住所: 海津市海津町萱野205番地1

電話番号: 0584-53-3232 ファクス番号: 0584-53-3231

お問い合わせはこちら