ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

食中毒予防の6つのポイントとノロウイルスについて

2020年2月2日

ID:1528

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

食中毒予防の6つのポイント

1.買い物をするときは

  • 肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮なものを選びましょう。消費期限のあるものは必ず確認を。
  • 購入したら、肉汁や魚などの水分がもれないように、それぞれ別のビニール袋などに分けましょう。
  • 生鮮食品など冷蔵や冷凍などの温度管理の必要な食品は最後に購入し、購入したら速やかに持ち帰りましょう。

2.食べ物を保存するときは

  • 冷凍や冷蔵などの温度管理が必要なものは、持ち帰ったらすぐ保存しましょう。
  • 冷蔵庫・冷凍庫の詰めすぎは冷却効率を悪くするので注意。7割程度に。
  • 冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫はマイナス15℃以下が目安。細菌が死ぬわけではないので、早めに使い切るように。
  • 肉や魚はビニール袋や容器に入れて、ほかの食品に肉汁などがかからないように。
  • 流し台の下に食品を保存するときは水もれなどに注意。床には直接置かないようにしましょう。

3.料理を始める前に

  • 何はともあれ、手を洗いましょう。
  • キッチンにゴミがあったらまず捨てること。タオルやふきんは清潔なものを用意し、調理台を片づけて広く使えるようにしておきましょう。せっけんの準備も忘れずに。
  • 肉・魚・卵などを扱ったあとや、動物にさわったり、トイレに行ったり、おむつ交換をしたり、鼻をかんだりしたあとは必ず手洗いを。
  • 肉や魚の汁が、果物や野菜など生で食べるものや調理がすんだものにかからないようにしましょう。
  • 包丁やまな板は、肉や魚を切ったあとに一度熱湯で洗うこと。できれば、肉用、魚用、野菜用とそれぞれ別々にそろえましょう。
  • ラップしてある野菜もよく洗いましょう。
  • 凍結している食品を室温で解凍するのは危険。冷蔵庫か電子レンジを使うこと。水で解凍するときは気密容器に入れて流水で。使う分だけ解凍し、すぐ使うこと。冷凍・解凍を繰り返すのは避けましょう。
  • 包丁、まな板、ふきん、たわし、スポンジなどは、使ったあとはすぐに洗剤と流水で洗うこと。漂白剤に一晩つけ込むのも効果的。洗ったあと熱湯をかけたり煮沸し、消毒すれば確実です。

4.料理をするときは

  • 調理の前に、キッチンを点検。タオルやふきんは乾いた清潔なものに交換し、手を洗いましょう。
  • 加熱するときは、食品の「中心部を75℃で1分間」を守りましょう。
  • 調理を途中でやめるとき、食品を室温で放置するのは危険。必ず冷蔵庫に。再び調理するときは十分に加熱しましょう。
  • 電子レンジはレンジ用の容器を使うこと。熱の伝わりにくいものは、ときどきかき混ぜましょう。
  • 調理前、調理後の食品は室温に長く放置しないこと。(O157は室温だと15~20分で2倍に増えます)

5.食事をするときは

  • 食卓につく前に、まず手を洗いましょう。
  • 盛りつけは、清潔な手で、清潔な器具を使って、清潔な食器に。
  • 温かい料理はいつも65℃以上に、冷やして食べる料理はいつも10℃以下が目安。

6.食べ物が余ったときは

  • 残った食品を扱う前にも手を洗い、清潔な器具と皿を使って保存。
  • 残った食品は、速く冷えるように浅い容器に小分けしましょう。
  • 時間がたちすぎたら、思い切って捨てること。
  • 温め直すときは、75℃以上を目安に十分に加熱する。みそ汁やスープは沸騰させましょう。

食中毒予防の3原則

食中毒菌を
「付けない(清潔)」
「増やさない(迅速・冷却)」
「やっつける(加熱)」

食中毒は、以前は夏に集中して起きていましたが、最近では1年を通してみられるようになっており、しかもここ3、4年発生件数が急増しています。原因になる食品も生ものだけでなく、さまざまな保存法をとる加工品にも食中毒を起こす可能性があります。

O157などの腸管出血性大腸菌による食中毒は、患者数、件数は減っているものの、集団でかかるよりも、散発的に起きる傾向になっています。

また、「人食いバクテリア症」という、手足の組織が壊死して死亡する病気が近年相次いで報告されています。腸炎ビブリオの仲間であるビブリオ・バルニフィカスという菌によって起こるもので、夏場に生の魚介類を食べた人が感染しています。見た目の「きれいさ」よりも「衛生的」であることが大切です。

そして、家族一人ひとりが、毎日の生活のなかで、食中毒などの感染症から身を守る具体的な方法を知り、実践しましょう。

ノロウイルスについて

ノロウイルスの特徴

  • 少量のウイルスで人に感染する。
  • 人の体の中(腸管内)のみで増殖する。
  • 発症すると、吐き気、おう吐、腹痛、下痢、発熱などの症状がでる。
  • 飲食物を介して感染すれば「食中毒」として、手指や吐物の粒子などを介して感染すれば「感染症」として扱われます。

ノロウイルスの感染経路

  • 食べ物からヒト
    カキなどの二枚貝を加熱不十分な状態で食べることにより感染します。
  • ヒトから食べ物からヒト
    ノロウイルス感染者がよく手を洗わずに料理すると、手や調理器具から食品にうつり、この食品を食べたヒトが感染します。
  • ヒトからヒト
    ノロウイルス感染者の排泄物・おう吐物を処理する際に感染します。また、汚染箇所などをよく消毒しないと、乾燥後にノロウイルスが空気中に飛散し、この粒子から感染することがあります。

予防

  • 食品は十分な加熱を
  • 調理前、トイレ使用後には厳密な手洗いを
  • 症状が回復しても、用便後は丁寧な手洗いを

手洗い方法

石けんをつけ、手指の各部分を丁寧にこすり洗い、ねじり洗いしましょう。十分な流水で石けんを洗い流した後、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取りましょう。

お問い合わせ

健康福祉部 健康課 

電話番号: 0584-53-1317 ファクス番号: 0584-53-1569

お問い合わせはこちら