ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

行基寺について

2020年2月2日

ID:433

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

行基寺山門の写真

岐阜県海津市南濃町上野河戸1024-1
電話番号 0584-55-0031
拝観時間 9時~16時30分
拝観休観日 月曜日(祝日を除く)、12月20日~31日
拝観料 400円
お抹茶 400円

※団体で起こしのお客様は事前にご連絡下さるようお願い致します。

行基寺は、天平16年行基によって開基、臥龍山菩提寺と名付けられましたが、延元元年兵火によって滅尽したといわれています。

元禄13年尾張藩2代藩主徳川光友の次男松平摂津守義行が高須に封ぜられたとき、高須円心寺住職性誉がこの地の旧蹟再興を進言したため、義行は、松平家の菩提寺として伽藍を再建し、宝永2年7月に完成させました。

旧寺の山号をとって臥龍山行基寺と名づけ、構えは山腹を利用した城郭造りで、石塁は慶長18年名古屋城築城の際、この地方から多量に搬出された河戸石を用いています。

三門、本堂、大書院、小書院、庫裡、松平家廟等は当時の大名の偉容を示しています。文政3年に三門が建てられ、門上に三尊仏釈迦・千手・弥勒が名古屋の伊藤治郎左衛門より寄進され安置されています。
現在の本堂は、天保3年に再建されたものです。

お問い合わせ

産業経済部 商工観光課 

電話番号: 0584-53-1374 ファクス番号: 0584-53-1569

お問い合わせはこちら