ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

固定資産税の対象となる資産

2020年2月2日

ID:462

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

土地、家屋、償却資産が固定資産の対象となります。

償却資産とは

会社や個人事業主が用いる事業用資産(機械、器具、備品等)で、具体的には以下のものがこれにあたります。

  1. 構築物(煙突、鉄塔、岸壁など)
  2. 機械および装置
    (旋盤、ポンプ、動力配線設備、大型特殊自動車など)
  3. 船舶
  4. 航空機
  5. 車両および運搬具(貨車、客車、トロッコなど)
  6. 工具、器具、備品
    (測定工具、切削工具、机、椅子、ロッカーなど)

課税されないもの

耐用年数1年未満の資産、10万円未満の少額償却資産、20万円未満の一括償却資産、自動車税・軽自動車税が課税されているもの等

お問い合わせ

総務部 税務課 

電話番号: 0584-53-1116 ファクス番号: 0584-53-0443

お問い合わせはこちら