ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

母子父子寡婦福祉資金貸付(修学資金・就学支度資金)の申請について

2020年2月2日

ID:1349

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

母子父子寡婦福祉資金の貸付制度は、母子家庭および父子家庭並びに寡婦の経済的自立と生活意欲の助長を図り、あわせて児童の福祉を推進することを目的としている、修学資金をはじめとした貸付制度です。

1.対象者

  • 母子家庭の母および父子家庭の父が扶養する児童
  • 寡婦が扶養する子
  • 父母のいない20歳未満の児童

2.申請・相談窓口

市役所 社会福祉課(東館2階14番窓口)
※事前にお電話にて、相談のご予約をしていただくようお願いします。

3.貸付要件

原則として連帯保証人1名
(別世帯の親族か親類等で、おおむね55歳まで。保証能力のある方)

4.償還(返済)期間

10年以内(専修学校の一般課程、修業施設は5年以内)
※卒業後6ヶ月の据置期間を経過した後、償還(返済)が始まります。

5.償還(返済)方法

  • 就学支度資金…年賦
  • 修学資金…半年賦

6.留意事項

申請には申請者・児童・保証人各々と面談が必要です。
貸付には県の審査があり、申請から貸付までに最低2ヶ月かかります。

7.資金の内容

就学支度資金(1回払い)

高校・大学等の入学に必要な経費を貸し付ける資金です。(無利子)

就学支度資金貸付限度額一覧表(単位:円)
学校種別自宅通学自宅外通学
専修学校(一般課程) 国公立・私立150,000160,000
高等学校・専修学校(高等課程) 国公立150,000160,000
高等学校・専修学校(高等課程) 私立410,000420,000
大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程) 国公立370,000380,000
大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程) 私立580,000590,000
大学院 国公立380,000380,000
大学院 私立590,000590,000

修学資金(半年分ごとの一括払い)

  • 高校・大学等で修学するために必要な経費を貸し付ける資金です。(無利子)
  • 申請額については、申請者・児童・保証人と面談を行った上で、実際に必要となる経費などを確認し、下記の就学資金貸付限度額(月額)一覧表から、返済可能な金額をお貸しすることとしています。
修学資金貸付限度額(月額)一覧表(単位:円)
学校等種別1年2年3年4年5年
高等学校・専修学校(高等課程) 国公立 自宅通学27,00027,00027,000
高等学校・専修学校(高等課程) 国公立 自宅外通学34,50034,50034,500
高等学校・専修学校(高等課程) 私立 自宅通学45,00045,00045,000
高等学校・専修学校(高等課程) 私立 自宅外通学52,50052,50052,500
高等専門学校 国公立 自宅通学31,50031,50031,50067,50067,500
高等専門学校 国公立 自宅外通学33,75033,75033,75076,50076,500
高等専門学校 私立 自宅通学48,00048,00048,00079,50079,500
高等専門学校 私立 自宅外通学52,50052,50052,50090,00090,000
短期大学・専修学校(専門課程) 国公立 自宅通学67,50067,500
短期大学・専修学校(専門課程) 国公立 自宅外通学76,50076,500
短期大学・専修学校(専門課程) 私立 自宅通学79,50079,500
短期大学・専修学校(専門課程) 私立 自宅外通学90,00090,000
大学 国公立 自宅通学67,50067,50067,50067,500
大学 国公立 自宅外通学76,50076,50076,50076,500
大学 私立 自宅通学81,00081,00081,00081,000
大学 私立 自宅外通学96,00096,00096,00096,000
大学院 修士課程132,000132,000
大学院 博士課程183,000183,000183,000
専修学校(一般課程)48,00048,000

お問い合わせ

健康福祉部 社会福祉課(福祉事務所) 

電話番号: 0584-53-1139 ファクス番号: 0584-53-1569

お問い合わせはこちら