ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

コンビニエンスストアでの納付について

2020年2月2日

ID:453

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

納税者皆さんの利便性向上の一環として、海津市の税金が全国のコンビニエンスストアで納められます。これまでの金融機関などと併せてご利用いただければ、曜日や時間を気にすることなく、いつでも市税を納付することができます。

納付できる税目

  • 市県民税(事業主が納める特別徴収はお取り扱いできません。)
  • 固定資産税
  • 軽自動車税
  • 国民健康保険税

必要なもの

  • バーコード付き納付書
  • 現金

ご利用方法

バーコードが付いている納付書を下記コンビニエンスストアのレジにお出しください。
※必要のない納付書をレジで提示しないでください。収納上のトラブルに繋がることがあります。

取り扱いコンビニエンスストア(全国の各店舗)

セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストアー、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、生活彩家、くらしハウス、ミニストップ、コミュニティーストア、ポプラ、スリーエイト、セイコーマート、ハマナスクラブ、MMK設置店(ウエルシア)等

※一部のコンビニでお取扱できない場合がございますのでご了承ください。

利用していただくための3つのポイント

ポイント1 納める税金の納付書(期別等)を確認して、お支払いください

  • コンビニエンスストアでは、納付書の記載内容は確認せずに、バーコードを読み取るだけです。間違った期別のバーコードを読み取ると訂正が出来ませんので、注意してください。
  • 手持ちのお金不足による納税の取り止めは、収納上のトラブルに繋がることがありますので、注意してください。

ポイント2 領収証書を必ず受け取り、大切に保管してください

  • 領収証書は、あなたの納税・支払いを法律的に証明する大切な書類です。
  • 受け取った領収証書の日付、チェーン名・店名が判別できることを確認し、もしも不明な場合は、店員まで申し出てください。

ポイント3 レシートを必ず受け取ってください

  • 現在、多くのコンビニエンスストアでは、レジの「合計」キーを押下すると、レシートが発行されると共に、チェーンの本部等へ収納データを転送します。このため、レシートを受け取ることは、収納ミスや事故防止に重要な役割を果たします。

取り扱いできない場合

  • 納付書の納期限が過ぎている納付書
    (納期限後は税額に延滞金等が加算されます。)
  • バーコードが印字されていない納付書
  • 傷や汚れによりバーコードが読み取れない納付書
  • 金額訂正をしたものや延滞金欄等に金額を加筆した納付書
  • 1枚の金額が30万円を超える納付書

※上記のような納付書は、コンビニエンスストアでは納付できませんので、お手数ですが従来どおり市役所または取り扱いできる金融機関等で納めてください。

注意事項

  • 市税の納付書は、これまでと形が変わりますのでご注意ください。
  • 封筒には納税通知書とは別に、納付書が納期分入っています。
  • 納める時は、納付書に記載されている納期と納期限を確認し、必要な納付書のみ持参してください。
  • レジで渡された領収証書は、大切に保管(5年間保管)してください。

お問い合わせ

総務部 税務課 

電話番号: 0584-53-1116 ファクス番号: 0584-53-0443

お問い合わせはこちら