ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

マイナンバーカード(個人番号カード)

2020年2月2日

ID:856

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成28年1月から個人番号カードの交付が開始されています。
個人番号カードは、本人の申請により交付を受けることができ、個人番号を証明する書類や本人確認の際の公的な身分証明書として利用でき、また、さまざまな行政サービスを受けることができるようになるICカードです。交付手数料は、初回発行については無料です(再発行は原則として有料)。
表面には氏名、住所、生年月日、性別、顔写真等が記載され、マイナンバーは裏面に記載されます。

マイナンバーカード(個人番号カード)(表面)みほんの画像

マイナンバーカード(個人番号カード)
(表面)

マイナンバー(個人番号カード)(裏面)みほんの画像

マイナンバー(個人番号カード)
(裏面)

マイナンバーカードのメリット

マイナンバー制度導入後は、就職、転職、出産育児、病気、年金受給、災害等、多くの場面でマイナンバーの提示が必要となります。
その際、通知カードであれば、運転免許証や旅券等他の本人確認が必要となりますが、個人番号カードがあれば、一枚で番号確認と本人確認が可能となります。

他にも、個人番号カードを取得すると、

  • 本人確認の際の公的な身分証明書として利用できる。
  • マイナポータルへのログインをはじめ、各種の行政手続のオンライン申請に利用できるようになる。
  • コンビニ交付が開始されれば住民票、印鑑登録証明書などの公的な証明書を取得できるようになる。 などのメリットがあります。

マイナンバーカードの申請方法

通知カードと個人番号カード交付申請書は一体の書式となっています。
上部が通知カードで、切り取り線から下が個人番号カード交付申請書です。

郵送書類(表面)みほんの画像

郵送書類(表面)

郵送書類(裏面)みほんの画像

郵送書類(裏面)

個人番号カードの交付申請には、以下の3つの方法があります。

郵送による申請

  • 個人番号カード交付申請書に署名または記名・押印し、顔写真を貼り付けます。
  • 交付申請書の内容に間違いがないか確認し、送付用封筒に入れて、郵便ポストに投函します。

スマートフォンでの申請

  • スマートフォンのカメラで顔写真を撮影します。
  • 交付申請書のQRコードから申請用WEBサイトにアクセス。必要事項を入力の上、顔写真のデータを添付し送信します。

パソコンでの申請

  • デジタルカメラで顔写真を撮影し、パソコンに保存します。
  • 交付申請書用のWEBサイトにアクセス。画面にしたがって必要事項を入力し、顔写真を添付して送信します。

マイナンバーカードの受け取り

個人番号カードの交付申請後、カードが出来上がりましたら、市民課から交付準備ができたことをお知らせする個人番号カード交付通知書(はがき)を住民票の住所に送付します。交付場所は、市民課(東館1階)となりますので、受け取りにお越しください。

暗証番号の準備

  • 個人番号カードの各種機能(電子証明書等)を利用する際の暗証番号をあらかじめ決めておいてください。
  • 署名用電子証明書には6文字以上16文字以下の英数字を設定します。
  • 利用者証明用電子証明書、住民基本台帳アプリ、券面事項入力補助用アプリには4桁の数字を設定します(全て同じ暗証番号でも可)。

受け取りの際の持ち物

  • 個人番号カード交付通知書(はがき)
  • 通知カード
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • 本人確認書類
    (1)住民基本台帳カード(顔写真付きに限る)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書等のうち1点
    (2)(1)のいずれかをお持ちでない方は、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、預金通帳、医療受給者証等のうち2点
    ※15歳未満の人または成年被後見人に同行する法定代理人も同様に必要。

※15歳未満の人または成年被後見人に同行する法定代理人および本人が病気などのやむを得ない理由により代理人がお越しになる場合は、市民課まで問い合わせてください。

お問い合わせ

市民環境部 市民課 

電話番号: 0584-53-1114 ファクス番号: 0584-53-0443

お問い合わせはこちら