ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

住民票とマイナンバーカード等に旧姓(旧氏)が併記できます

2020年2月2日

ID:1540

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年11月5日(火曜日)より、住民票、マイナンバーカード等へ旧姓(旧氏)が併記できるようになります。
これにより、婚姻等で姓(氏)に変更があった場合でも、従来称してきた姓(氏)をマイナンバーカードなどに併記することで、旧氏が各種証明に使えるようになります。
なお、住民票に旧姓(旧氏)を併記するには、請求手続きが必要になります。
住民票に旧姓(旧氏)が併記されると、マイナンバーカード等にも旧姓(旧氏)が併記されます。また、印鑑登録も旧姓(旧氏)での登録が可能となります。

住民票、個人番号カードに記載できる旧氏

旧氏を初めて記載する際には、任意の旧氏を記載できます。
一度記載した旧氏は、婚姻等により氏が変更されてもそのまま記載が可能です。
旧氏は、他市町村に転入しても引き続き記載されます。

旧氏記載の請求、旧氏確認の方法

旧氏(一人一つ)の記載を希望する際には、住所地市区町村に請求となります。
記載を求める旧氏が請求者の旧氏であることを証明するため、旧氏が記載された戸籍謄抄本等を必ず持参してください。

お問い合わせ

市民環境部 市民課 

電話番号: 0584-53-1114 ファクス番号: 0584-53-0443

お問い合わせはこちら