ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

ヘルプカードを知っていますか

2020年2月2日

ID:1393

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市では、障がいのある人や高齢の人などが携帯し、災害時や緊急時など、いざというときに必要な支援や配慮を周囲の人にお願いするための手段として「ヘルプカード」を作成しました。

「あなたの支援が必要です」を伝えるカード
ヘルプカードは、「ちょっと手助けが必要な人」と「ちょっと手助けしたい人」を結ぶカードです。

ヘルプカード写真
ヘルプカードチラシ表面の写真

チラシ(表)

ヘルプカードチラシ裏面の写真

チラシ(裏)

「ヘルプカード」があれば…

  1. 本人にとっての安心
    「何かあった時に、理解してもらえる、手助けしてもらえる」障がいのある人や高齢の人などにとっては、何より安心です。
  2. 家族・支援者にとっての安心
    緊急連絡先を本人が携帯していることで、家族や支援者の不安を和らげます。
  3. 情報とコミュニケーションを支援
    緊急時に必要となる情報をあらかじめ備え持つことができます。さらに、緊急時に支援してくれる人とのコミュニケーションのきっかけになります。
  4. 障がいのある人や高齢の人などに対する理解の促進
    「ヘルプカード」が幅広く知られわたることで、ヘルプカードを必要としている人の存在や障がいへの理解を広めることができます。

どんなときにつかうの

  • 災害のとき
    災害が発生したときや、災害に伴う避難生活が必要なとき。
  • 緊急のとき
    道に迷ってしまったときや、パニック発作、病気のとき。
  • 日常的に
    ちょっとした手助けがほしいとき。

配布方法

ご希望の方には社会福祉課または各支所にて無料で配布いたします。症状や必要な支援を記入し、ふだんから携帯しましょう。
または下記の添付ファイルから印刷してご利用ください。

お問い合わせ

健康福祉部 社会福祉課(福祉事務所) 

電話番号: 0584-53-1139 ファクス番号: 0584-53-1569

お問い合わせはこちら