ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

移住定住・少子化対策について

2020年2月2日

ID:85

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

海津で暮らしませんか

海津市は、岐阜県の最南端にあり、岐阜市、名古屋市からは30キロ圏内という東海3県の結節点に位置し、木曽・長良・揖斐の流れが出会う豊かな自然に育まれたまちです。
自然あふれる海津市で暮らしてみませんか。

求める暮らし、見つかるかも

支援一覧

地域・住まい

定住奨励金交付事業

詳しくは定住奨励金交付事業のページをご覧ください。
市内に新たに住宅取得する若年層の転入者に対し、住宅に課される固定資産税額相当分を定住奨励金として3年間交付します。(海津市商品券で交付)

同窓会開催助成金交付事業

詳しくは海津市同窓会開催助成金交付事業についてのページをご覧ください。
定住人口の増加と地域経済の活性化に寄与するために、市内で開催される同窓会に要する経費の一部について、助成金として最大3万円交付します。(海津市商品券で交付)

住まいる三世代同居・近居世帯定住支援事業

詳しくは海津市住まいる三世代同居・近居世帯定住支援事業のご案内のページをご覧ください。
移住定住人口の増加を目指すため、三世代の同居・近居のために所有する住宅の改築やリフォーム工事を実施、新築、増築・中古住宅を取得する人に対して、最大18万円交付します。(海津市商品券で交付)

就業

無料職業紹介所

詳しくは海津市無料職業紹介所のページをご覧ください。
ハローワークとは独立し海津市独自の紹介所で、市民および市内企業へ就職を希望される求職者を対象に、市内および近隣事業所の求人情報を紹介

結婚

結婚新生活支援事業費補助金

詳しくは結婚新生活支援事業費補助金のページをご覧ください。
経済的理由で結婚に踏み出せない世帯を対象に、婚姻に伴う新生活に係る支援を行うために、居住費および引っ越し費用の一部について、最大24万円補助します。

妊娠・子育て

特定不妊治療費助成

詳しくは特定不妊治療費助成のページをご覧ください。
岐阜県特定不妊治療助成事業の支援となる特定不妊治療に要した費用のうち、岐阜県の助成金額を控除した額で、1回の治療につき10万円を限度とする。

一般不妊治療費助成

詳しくは一般不妊治療費助成のページをご覧ください。
一般不妊治療に要した費用の一部について、1年度(3月~翌年2月までの診察分)あたり5万円を上限に自己負担額の1/2を助成します。

フッ素塗布事業

詳しくははじめてのフッ素塗布のページをご覧ください。
フッ素塗布事業では、歯が生え始めたお子さんのお口の健康支援(歯科検診・フッ素塗布・ブラッシング指導)を実施します。

(子宝祝金)出産祝金

詳しくは子宝祝金(第3子以降の出産)のページをご覧ください。
第3子以降の子を出産し、その後その出生児が小学校へ入学するまでの間、引き続き居住する意志のあるとき、その出生児の保護者に支給

(子宝祝金)入学祝金

詳しくは子宝祝金(第3子以降の出産)のページをご覧ください。
出産祝金の支給を受けて、引き続き海津市に住んでいる児童が小学校に入学した、5月1日現在在籍している児童の保護者に支給

乳幼児医療費助成

詳しくは乳幼児医療費(福祉医療費)助成のページをご覧ください。
中学校卒業までのこどもに対し保険診療の自己負担分を助成

養育医療費の助成

詳しくは養育医療費の助成のページをご覧ください。
養育のため病院に入院することを必要とする未熟児に対して、養育医療に要する費用を支給

チャイルドシート購入補助

詳しくはチャイルドシート等購入補助金のページをご覧ください。
1人のお子さん(海津市にお住まいで、6歳未満のお子さん)に対し、チャイルドシート1台の購入補助をする。

留守家庭児童教室

詳しくは留守家庭児童教室のページをご覧ください。
小学校1年生から4年生までの児童のうち、家庭外勤務により保護者および同居の家族が帰宅時に不在となる家庭の児童を対象に開設

保育園の一時預かり

詳しくは認定こども園(保育部)の一時預かりのページをご覧ください。
仕事や保護者のけが・病気、または育児疲れの解消などで一時的に保育が必要となる場合に、海津市にお住まいの生後1.5か月以上の就学前の児童、幼稚園に就園していない児童(緊急の場合は除く)を預かる保育サービスを実施

地域子育て支援センター

詳しくは地域子育て支援センターのページをご覧ください。
お子さんを連れて遊びながら、情報交換や仲間づくりをすることができる他、子育ての不安や悩みなどについて、保育士が相談に応じる。

健康・医療

各種がん等検診

詳しくは検診のページをご覧ください。
健康の維持増進やがんの早期発見のため、各種健(検)診を実施します。

  • がん検診(胃・大腸・肺・乳・子宮・前立腺)
  • その他の検診(骨・肝炎ウィルス・胃がんリスク)
  • 健康増進の健診(生活習慣病健診・特定健診・ぎふすこやか健診)
    ワンコイン(500円)検診、無料クーポン事業、人間ドッグの費用助成など

予防接種の実施、費用助成

詳しくは健康・検診のページをご覧ください。
予防接種法に基づき、ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ、麻しんおよび風しん(MR)、日本脳炎、BCG、インフルエンザ(高齢者)の予防接種を実施する。
任意予防接種として、インフルエンザ(中学生まで)、高齢者肺炎球菌ワクチン、風しんの被接種者への費用の助成を実施

8020歯科健診

詳しくは8020歯科口腔健診のページをご覧ください。
8020歯科健診事業を実施し、歯・喪失歯の状態(むし歯)や、歯肉の状態(歯周疾患)を健診します。

母子家庭等の医療費助成

詳しくは母子医療のページをご覧ください。
母子家庭のお母さんやお子さん、両親のいないお子さんが、保険診療した医療費の自己負担額を助成

父子家庭の医療費助成

詳しくは父子医療のページをご覧ください。
父子家庭のお父さんやお子さんが、保険診療した医療費の自己負担額を助成

高齢者

長寿お祝い

詳しくは長寿お祝い事業のページをご覧ください。
市内在住の方で永年地域の発展に貢献された高齢者の方々の長寿を褒賞し、長寿褒賞金を授与する。

発達支援

発達支援センター「くるみ」

詳しくは発達支援センター「くるみ」のページをご覧ください。
発達障がい等のある方や、家族が安心して地域で暮らしていくことができるよう乳幼児期から成長期までのライフステージに合わせたとぎれのない支援と横断的な支援を実施

児童発達支援事業所「みらい」

詳しくは障害児通所支援事業所のページをご覧ください。
小学校就学前の言語や行動面の発達が気になる子どもを対象に、それぞれの発達に応じて、指導員が個別指導と小集団指導を行い、児童の発達を支援します。

協定締結企業からの支援策

お問い合わせ

総務部 企画財政課 

電話番号: 0584-53-1113 ファクス番号: 0584-53-2170

お問い合わせはこちら