ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

国民健康保険(国保)の届出

2020年2月2日

ID:1036

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

加入または脱退などの届出は、14日以内にしてください。

こんなときは、国保の加入手続きをしてください

  • 他の市町村から転入してきた
    必要なもの:印鑑、個人番号のわかるもの(世帯主および手続き対象者)
  • 会社を退職して職場の健康保険を脱退した
    必要なもの:健康保険資格喪失証明書、印鑑、個人番号のわかるもの(世帯主および手続き対象者)
  • 子どもが産まれた
    必要なもの:国保保険証、印鑑、個人番号のわかるもの(世帯主および手続き対象者)

※いずれかの公的医療保険に加入していないと、病院では保険診療が受けられず、あなたやご家族の治療費負担が10割になります。
※手続きが遅れた場合も、国民健康保険税の算定は資格取得日からです。

こんなときは、国保の脱退手続きをしてください

  • 他の市町村へ転入するとき
    必要なもの:国保保険証、印鑑、個人番号のわかるもの(世帯主および手続き対象者)
  • 職場などの健康保険に入った
    必要なもの:職場の健康保険証、国保保険証、印鑑、個人番号のわかるもの(世帯主および手続き対象者)
  • 国保に加入する家族の死亡
    必要なもの:国保保険証、印鑑、個人番号のわかるもの(世帯主および手続き対象者)

※会社に就職しても健康保険被保険者証の交付手続きに1箇月ほどの期間を要しますので、その間に病院を受診する必要がある場合は、事前にお勤めの会社などで「健康保険被保険者資格証明書(仮の保険証)」の交付を受けてください。
※会社に就職した日(健康保険加入日)をもって国保の被保険者資格は失効していますので、この日以降、間違って国保保険証を使って医療機関を受診した場合は、あなたが医療機関に支払った自己負担額(3割)を除く医療費(7割)を返還して頂く場合がありますのでご注意してください。

その他

  • 住所や世帯主が変わった
    必要なもの:国保保険証、印鑑、個人番号のわかるもの(新世帯主、旧世帯主および手続き対象者)
  • 子どもが進学して一人住まいを始める
    必要なもの:国保保険証、印鑑、在学証明書、個人番号のわかるもの(世帯主および手続き対象者)
  • 国保保険証を失くしたり、汚れて使えないので、再発行してほしい
    必要なもの:使えなくなった国保保険証、印鑑、身分証明書、個人番号のわかるもの(世帯主および手続き対象者)

お問い合わせ

健康福祉部 保険医療課 

電話番号: 0584-53-1349 ファクス番号: 0584-53-0443

お問い合わせはこちら