ページの先頭です

水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津

海津市ホームへ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Multilingual

検索

家庭から出る廃食用油を回収しています

2023年9月25日

ID:2823

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

廃食用油の回収について

ご家庭で使い終わった植物由来の油(天ぷら油)の回収を行っています。廃食用油は、捨てればごみに、川や海などに流れた場合は環境汚染の原因となりますが、適切な処理をすれば立派な資源となります。なお、回収した廃食用油は、高純度バイオディーゼル燃料などへ生まれ変わります。植物由来の油は、二酸化炭素を植物の成長過程で吸収するため、燃料として使用する際の排出量はゼロカウント(=カーボンニュートラル)となり、地球温暖化防止に貢献するものです。循環型社会実現のため、皆さんには廃食用油の回収にご協力いただきますようお願いします。

回収する廃食用油について

  • 回収できる油
    植物性油(サラダ油、ごま油、こめ油など)
  • 回収できない油
    動物性油(ラード、バターなど)、鉱物油(エンジンオイルなど)

回収場所について

次の施設で回収を行っています。開館または開庁時間内に持ち込みをお願いします。

  • 海津市エコドーム
    ※開館時間などエコドームについては市ホームページ「海津市エコドーム」をご確認ください。
  • 海津市役所環境課、下多度支所、城山支所
    ※開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(祝日および12月29日から翌年の1月3日を除く)

回収方法について

回収場所に回収用の容器を設置しています。ペットボトルなどのいらない容器に入れて、こぼれないようフタをした上で、回収用の容器へ出してください。
※天かすなどの固形物は取り除いてください。

廃食用油のリサイクルの仕組み

皆さんから回収した廃食用油は、市内業者である株式会社日本環境管理センターへ運ばれ、高純度バイオディーゼル燃料「ReESEL」などへリサイクルされます。

高純度バイオディーゼル燃料製造工程

高純度バイオディーゼル燃料「ReESEL」製造工程(出典:株式会社日本環境管理センター)

なお、「ReESEL」は同社のごみ収集車やバキューム車、トラクターなどの燃料として活用されています。

お問い合わせ

市民生活部 生活・環境課 

電話番号: 0584-53-3195 ファクス番号: 0584-53-1598

お問い合わせはこちら